オードリー若林、若手時代のデートを回顧 「よくついてきてくれてたな…」

若林さんが、20代半ばで“デートを引退”した理由は…?

オードリー・若林正恭21日深夜放送の『午前0時の森』(日本テレビ系)にて、MCを務めるお笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんが、若い頃のデートを回顧する一幕がありました。


■“行きたくない場所”に誘っていた若林

今回は恋愛調査アンケートをもとに「女性が初デートで行きたくない場所」ランキングについて、トークを展開。

10位にランクインした焼き肉屋は、若林さんと妻の初デートの場所。さらに5位のカラオケボックスと8位のゲームセンターについても「俺は結婚する前、カラオケボックスとゲームセンターばかりだった」と明かします。

「俺が仕事終わるのが遅いから、開いてるのがゲーセンかカラオケで。ショッピングモールに行ってゲーセンでずっとやってたね」と、何の疑問も持たず若林さんが誘っていたそうで「5位と8位に入ってて今血の気引いてる」と笑いを誘います。


関連記事:水卜麻美アナ、エゴサでへこんだツイートを告白 オードリー若林が神アドバイス

■カラオケでは日本語ラップ

ゲームセンターでは、自身の欲しいキン肉マンやドラゴンボールの人形を狙ったり、腕がつりそうになりながらもバスケットゲームに熱中していたそう。妻はその間メダルゲームに興じ、それぞれ楽しんでいたことをコメント。

カラオケでは「俺はずっと日本語ラップを歌ってた。奥さんに向けてCreepy Nuts。(妻は)あいみょんとか」と語り、妻から音楽をいろいろ知り、音楽のサブスク(定額制のサービス)の入り方も教わったことを回顧し、共にMCを務める日本テレビアナウンサー・水卜麻美さんが「すごくいい」と大興奮する一幕も。

続きを読む ■彼女の足を見て…

入浴剤にもマッサージにも! 『エプソムソルト』 (硫酸マグネシウム) 【Amazonでチェック】

おすすめ記事