迷惑! 「レディファーストを間違えている…」と思った男性の行動3選

本来ならありがたい男性からの気遣いも、時と場合によっては迷惑になってしまうケースも…。

(KapturePhotoSolution/istock/Thinkstock/画像はイメージです)

男性からさりげなくレディファーストな行動をされると嬉しいものですが、度を超えたり一歩間違えたりすると嫌になってしまうこともあるようです。fumumu取材班は、女性たちに話を聞いてみました。

 

①女性のバッグを持ってあげる

「デート中に、『持つよ、貸しな』とバッグを持ってくれました。でも旅行鞄などの大きいものならとっても助かるのですが、そのときは普通のデートだったので、私が持っていたのはただのショルダーバッグ…。

 

俺ってデキる男だろうとドヤ顔でバッグを肩にかけていましたが、こんな小さなバッグは幼稚園生だって自分で持てるし、優しさを履き違えてる人だな…としか思えなかった」(20代・女性)

 

②安いお店でも椅子を引いて座らせる

「意識高い系の男性と食事に行ったときに、安い焼鳥屋なのに、私が座るときに高級レストランのように椅子を引いて座らせてきましたが、あれはイタかったですね。

 

『母親からレディファーストを教えられたから染み付いている』と、俺は他の男とは違うんだと語られましたが、庶民的なお店でされたら、むしろ恥ずかしい…」(20代・女性)

 

③女性を優先するあまり周りに迷惑

「飲食店の小さい扉を、男性が開けて私が通るまで待っていてくれたんですが、彼がドアを押したまま待つので、お店から帰る側の人たちがドアから出られなくなり、ちょっとした混雑になりました。

 

私を優先してくれるのですが、それで周囲に迷惑がかかるのは嫌だし、ほんとうにレディファーストができる人は視野も広くて周りもしっかり見れるのにな…と残念だった」(20代・女性)

 

■自分のバッグを持ってくれたら嬉しい?

編集部が全国20代〜60代の女性688名を対象に、デート中に男性が自分のバッグを持ってくれたら嬉しいか調査を実施したところ、「YES」は33.7%。

男性の気持ちとは裏腹に、大半の女性はあまり喜ばないことが明らかになりました。

バッグ

気遣いを見せても、女性にとっては「ありがた迷惑…」になってしまうケースもあるようですね。

・合わせて読みたい→一歩間違えば危ない! SNSで見知らぬ男性にされた恐怖行動3選

(文/fumumu編集部・コッセン

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の女性688名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!