オードリー春日、ラジオトークの苦悩を明かす 3時間前に局入り「1を100に…」

ラジオの時は、どの収録よりも早い放送の3時間前には局に入っているという春日さん。

オードリー・春日俊彰
23日放送の『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系)に、お笑いコンビ・オードリー(春日俊彰さん・若林正恭さん)が出演。

ラジオフリートークの作り方と苦悩を明かす場面が放送されました。


■ ラジオ界のニュースター、オードリー

今回の企画は、絶好調の“芸人ラジオ”の魅力を深堀りする「芸人ラジオSP」。

芸人ラジオ界のニュースターとして登場したオードリーは、2009年より『オードリーのオールナイトニッポン』がスタートし、今年で13年目に突入。オールナイトニッポンでは『ナインティナインのオールナイトニッポン』に継ぐ長寿番組となりました。

また、ラジオ聴衆率で35回連続首位を獲得しています。


関連記事:オードリー若林、フワちゃんのタメ口が許される理由を分析

■エピソードトークがない時の若林

そんな輝かしい実績を誇るオードリーの2人に「エピソードトークがない時はどうしてる?」という質問が投げかけられます。

この質問に対して若林さんは「ない時は、『大御所の人に会って緊張したっていうフリをした』という話をしてますね」と笑いながら暴露。「もうそれしかないんですよ」と話す若林さんはさらに「情報解禁しないでくださいって頼まれてる番組のロケの話をしたりとか」と、知らない振りをしたままトークすることを明かしました。

「そうじゃないと話がない」と語る若林さんに、スタジオに居る“ラジオ界の帝王”という異名を持つ、タレントの伊集院光さんは「これキツイんだよなー」「スゴイ気持ち分かる」と共感を見せます。

続きを読む ■入り時間は放送の3時間前という春日

1日5分で首肩スッキリ! MyComfort ネックストレッチピロー【Amazonでチェック】

おすすめ記事