ラランド・サーヤ「パンツ見られるよりイヤ」  傘を差したくない理由とは

傘が大嫌いだというラランド・サーヤさん。なかでもアレが逆さになるのが「パンツを見られるよりイヤ」だそう…。

ラランド・サーヤ

18日、お笑いコンビ・ラランドのサーヤさんが『ラランド・サーヤの虎視舌舌』(文化放送)で、傘が嫌いな理由を語りました。


■好きな部分は「傘差さないとこ」

この日の天気は東京を含め全国的に雨模様の1日で、サーヤさんも冒頭で「めちゃくちゃ雨降ってますね」と天気に言及。「私、海外の人の感覚に近いのか分からないけど、傘大嫌いなんです」と明かしました。

傘が嫌いなのは昔からだそうで、小雨ぐらいなら傘は差さないというサーヤさん。それで体が濡れても「『ありがとう』って気持ち。『地球に恵みを』って…」と、感謝の気持ちになるそうです。


関連記事:ラランド・ニシダ、1日8食生活も… 「OLのお弁当くらいしか食べない」

■本音はフード被るだけにしたかった

ただ、この日は強い雨が降っていたため、今日は傘を差さざるを得なかったのだとか。それでも本音では服に付いているフードを被るだけにしたかったそう。

しかし傘を差さずに現場に行くと、スタッフの気遣いで、ビニール傘を渡してくれるため、「『いらねー』って断ったら感じ悪いから」傘を差すことを選んだと言うサーヤさん。

さらにこの日は強風だったこともあり、サーヤさんは「風強いから結局ひっくり返る」という状況をあげて「あれ1番恥ずかしいじゃないですか。みっともない」との思いを吐露します。

続きを読む ■アレが逆さになるのが…

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

おすすめ記事