ナイトプール経験女子が後悔した「持っていけば良かったアイテム」5選

ナイトプールを楽しみたい人は必見です

ナイトプール
(mr_andersson/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

もうすぐ8月。夏休みに突入しますね。昨年話題になった「ナイトプール」は今年も人気になっています。友人と行きたいと考えている人も少なくないでしょう。

ただ、ナイトプールには忘れると後悔するアイテムがいくつかあるようです。今回はナイトプール経験者に持っていけばよかったと思う必須アイテムを聞いてみました。

 

①セルカ棒

自撮り棒
(MileA/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

「サークルの同期女子5人で行き、カメラをセルフィーにしてもなかなか全員フレームに入らないんです。仕方なく、近くにいる人に写真をいくつかお願いしたところ…全く盛れませんでした。せっかくバッチリメイクして新しい水着まで買ったのに最悪でした。

 

周りの人を見返すとみんなセルカ棒を持って自分が一番盛れる角度で撮っているのを見て虚しくなりました。あくまでも写真撮影をお願したのは他人だったので、盛れるまで撮ってくださいとお願いはできず、なくなく諦めることにしました」(20代・女性)

 

セルカ棒は遠くから撮影できるため、大人数が撮影できますね。しかも、自分の顔を確認しながら撮影できるため、たくさん撮影しなくても、確実な1枚が残せるのが魅力なようです。

 

②水鉄砲

水鉄砲
(stuartbur/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

「みんなそれぞれ必要そうなものを持ってきたので、セルカ棒も、ビーサンも、写真用グッズも全てありました。しいていうなら、水鉄砲ですね。

 

あれを持って写真を撮るととってもかわいいんですよ。遊んでいる感が増すし、写真を撮り終えた後に水鉄砲で遊んだら面白かっただろうなって」(20代・女性)

 

「インスタでよく見つけるかわいい女の子=水鉄砲を片手に持っている」イメージはありますね。小道具で盛る技なのかもしれません。水鉄砲を顔のところに持っていけば、小顔詐欺もできますね。

 

③濡れても良い上着

上着
(creativedoxfoto/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

「濡れても良い上着は必要。ナイトプールってとにかく陸上で身体が冷えるし、夏は夜になると突然涼しくなるから、羽織るものがないと本当にきつい。

 

タオル生地のパーカーとか着ていた子がいたけど、あれは良いな〜って思った」(20代・女性)

 

プールなら水着とTシャツ1枚あればなんとかなるかなと思っていました。プールに入っているときは大丈夫でも、ご飯やドリンクを飲んでいるときに震えながら…なんて嫌ですよね。フード付タオルなども良さそうです。

 

④首から下げれる防水スマホケース

防水スマホケース
(pedphoto36pm/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

「100均で買える防水のスマホケースは、水中でも写真が撮れるし。首から下げられる紐がついているケースは特に便利!

 

水に入るときにカメラをそのまま持っていくのは不安だし、わざわざプールと荷物置きを往復するのは本当に面倒くさい」(20代・女性)

 

カメラと自分が一緒に移動できるのは良いですよね。

 

⑤広角レンズ

スマホ用広角レンズ
(maksime/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

「大人数でいるとき、2列にならないとみんなが写らなくて、後ろにいた友達の顔にピントが合っていなかったんです…。私の顔がかなり盛れていたんですけど友達の顔が亡霊みたいになっていたので、インスタに投稿したかったのにできませんでした。

 

人が多くても撮れるし、ナイトプールはすごく見た目にもこだわっているし、広範囲で写したほうが映えるので、広角レンズは必要です」(20代・女性)

 

全員が横に並んで撮影するのは大変なので、広角レンズを使ってみんなの顔をはっきり写して、みんなで「この1枚良いよね!」と言えるような写真を残したいですね。

 

良い思い出を作るためには準備も大切です。これから行く予定の人は是非参考にしてみてください。

・合わせて読みたい→集合写真で「センターをずっとキープ」しようとする女子の見苦しい行動

(文/fumumu編集部・加賀谷 レナ

この記事の画像(6枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!