益若つばさ、異物混入ワクチン「当たってしまいました」 体調を心配する声も

益若つばささんがモデルナ社製のワクチンの異物混入問題で、該当するロット番号が自身が接種したものと一致したとツイート

益若つばさ

タレントの益若つばささんが、自身の公式ツイッターを更新。

モデルナ社製のワクチンに異物が混入した問題で、公表されたロット番号と自身が接種したワクチンが一致したことを公表し、反響を呼んでいます。


■ロット番号「当たってしまいました!」

厚生労働省は、5つの都と県の8ヵ所の接種会場で、モデルナ社製のワクチンの一部に、金属片とみられる異物が混入しているのが見つかったと発表しています。

益若さんは26日、ツイッター上に当該のワクチンのロット番号の画像をアップし、自身の接種したものと見比べて「当たってしまいました!」と発言。眉毛と口元が下がった表情の「苦悩に満ちた顔」の顔文字を添えています。


関連記事:中川翔子「副反応どうでしたか?」 リプ欄にファンの体験談が集まる

■体調に異変が出た場合は医師に相談

益若さんは、現在の自身の体調について「元気です」との述べており、体調不良などの症状はないもよう。

厚労省では「今のところ健康被害の報告はない」と発表していますが、体調に異変が出た場合は医師に相談してほしいとも呼びかけています。

また、 26日には菅義偉首相が、「接種にそんなに大きな影響を与えるものではないとの報告を受けている」「とにかく安全を最優先にして、また現状分析をしながら対応するよう指示した」と発言したことが報じられています。

続きを読む ■「心配ですね」といったファンの声も

Amazonブラックフライデー最終日!

おすすめ記事