陣内智則、渡部健の不倫報道で流れ弾? 「そっとしといてもらいたい」と本音

陣内智則が渡部健の報道から受けてしまった影響を告白

陣内智則

28日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に、お笑いタレントの陣内智則さんが登場。

アンジャッシュ・渡部健さんの不倫騒動で、自身に流れ弾が飛んできたと明かしました。


■不倫と言えば陣内さん

台本無しでフリートークを繰り広げる「立ちトーーク!」を繰り広げた本番組。

その中でアンジャッシュ・渡部さんの謹慎について話した一同は2009年に女優の藤原紀香さんと離婚をした陣内さんに注目しました。

当時、自身の浮気が原因で離婚をした陣内さんは、黒スーツで記者会見を開き、「すべては僕の未熟さ、心の弱さが原因です」とコメント。

2人は結婚披露宴をTVが生中継していた程のビッグカップルだったため、離婚劇には驚いたファンも数多くいたものです。


関連記事:不倫報道にアジア各国からも批判殺到 渡部健は「足ることを知らず」?

■渡部報道の影響は?

そんな苦々しい過去に触れられた陣内さんはMCの蛍原徹さんに渡部さんの報道で影響はあったのかと問われ、「直接的にはないが、ネットではイジられた」と告白。

「思い出されるのが2009年…知らない人もおるの。11年経ってるから、そっとしといてもらいたい」と自身の心境を明らかにしました。

同じ芸人で美人女優と結婚しているという境遇もかぶるからこそ引き合いに出されてしまうのかもしれません。

続きを読む ■もはや不倫が自身のネタに
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事