アンタ山崎、11年間「ダウンタウンと共演なし」の真相は過去のトラウマ

共演NGになった『リンカーン』の悲劇とは…?

■今になって共演OKになった理由

『リンカーン』(TBSテレビ系)で、最初から最後まで緊張していた山崎さん。しどろもどろになってしまい「あんまり見ないでもらえます」と言ってしまうほどガチガチに。

松本さんに「どこまでアガれば気がすむの?」とイジられたこともトラウマとなり、結果的に11年間共演がなくなったのだそう。

山崎さんは「NGにする訳ないじゃないですか」と否定はしたものの「ただ、短所を補うより長所を伸ばしたい」とマネージャーに告げていて、実は「やんわりと避けていた」というのが真相のよう。

今年になって、松本さんとアンタッチャブルの3人で食事をする機会があり、そのことをマネージャーに話したところ「あれ? NGじゃないんですか」「だったら(番組に)出しましょうよ」という流れになり、オファーが来たそうです。


関連記事:アンタ山崎、アンジャ児嶋に「お笑いパワハラ」して殴られた過去明かす

■「これを機にダウンタウンとも共演増えてほしいなぁ」

山崎さんが語った真相を受けて、ネットでは「ダウンタウンとアンタッチャブルの組み合わせ最強なので、今後もどんどん一緒に出てほしい」「これを機にダウンタウンとも共演増えてほしいなぁ」と喜ぶコメントが相次ぎました。

「今日のザキヤマ顔が緊張してるもんな」と、緊張を素早く察知したファンや「いや、松本病はザキヤマさんだけじゃなくて、その世代多いって(笑)」「不治の病、松本病を寛解した貴重な症例なのでは」と“松本病”についてのコメントも寄せられています。

11年ぶりにNGが解かれ、復活したダウンタウンとアンタッチャブル。これからの共演が楽しみですね。

・合わせて読みたい→大泉洋は「類似タレント」 フワちゃんの衝撃発言に共演者爆笑

(文/fumumu編集部・汐入実花

【Amazon父の日ギフト特集】お父さんにありがとうを

おすすめ記事