スタバ新作『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ』甘さ控えめで和を堪能

30日から発売されるスターバックス新作『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ』。ほうじ茶とフラペチーノはマッチする? 編集部が試飲してきました!

加賀棒ほうじ茶フラペチーノ

スターバックス コーヒージャパンは、29日に都内で「新作フラペチーノおよび新プロジェクト発表会」を開催し、5月30日~7月19日の期間限定で販売される『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ』(Tall・620円・税抜き)をfumumu取材班が試飲してきました。

 

■まずは香りを楽しんで

スターバックス コーヒー ジャパンでは、日本の食文化の周りにあるステキな物事を発信するプロジェクト「STARBUCKS JAPAN WONDER PROJECT」をスタート。『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ』は、プロジェクトの第1弾となります。

日本人も気付いていない日本独特の茶文化として注目したのは、お茶の茎の部分だけを浅く煎じる「加賀 棒ほうじ茶」。石川県のプロ焙煎士が選んだこだわりのお茶の葉が使われています。

スターバックスイベント 加賀棒ほうじ茶フラペチーノ

飲む前にまずは香りから。クリームの上にかかったほうじ茶のパウダーがほのかに香ばしく、どこかホッとした気持ちになれます。

 

■意外と合う! ほうじ茶×フラペチーノ

『加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ』は、上から、細かく砕いた加賀棒茶をブレンドしたフラペチーノ、エスプーマで優しく仕立てたホワイトチョコクリーム、黄金色に輝く加賀棒茶ジェリーの3層からなっています。

早速フラペチーノを飲んでみると、口の中に優しいほうじ茶の味が広がって後味がスッキリします。甘さ控えめなホワイトチョコクリームは口当たりまろやかで、ほうじ茶の味とマッチ。

ジェリーも甘さが抑えられていて、スルっとノドを通っていきます。甘いイメージのあるフラペチーノとは全く違いました。

これから梅雨の季節に入る日本列島にピッタリの、みずみずしい爽やかなフレーバーです。いつも甘くカスタマイズしがちな取材班も、うっとりするようなちょっと大人な和の味、試してみませんか?

加賀棒ほうじ茶フラペチーノ イベント画像

・合わせて読みたい→スタバで働く女子4人に聞いた「お客さんからアプローチってある?」

(文/fumumu編集部・

この記事の画像(5枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!