去年に着ていた服がきつくなり… 自分が太ったと感じた瞬間とは

太りたいと思っている人は、ほとんどいないはずです。しかし食欲に負けるなどして、人は太ってしまいます。

太った女性
(sorrapong/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

できるならば太りたくないと思っている人が、たくさんいるはずです。しかし世の中にはおいしいものがたくさんあるために、つい食べすぎて太ってしまうこともあるでしょう。


■「おしりを拭くのが大変」1割程度

fumumu編集部では全国10〜60代の太っている自覚がある男女809名を対象に、ぜい肉が邪魔をしてトイレでおしりを拭くのが大変か、調査を実施しました。

ぜい肉が邪魔をしてトイレでおしりを拭くのが大変グラフ

「大変だ」と答えた人は、全体で13.3%でした。

fumumu取材班は女性達に、自分が太ったと感じた瞬間について話を聞きました。


関連記事:ぺえ、お尻丸出しで28歳の誕生日を報告 「こんな時だからこそ素直に…」

①衣替えで洋服がきつい

「太るといっても、いきなりサイズアップするわけではありません。だんだんと時間をかけて、肉がついてくるものです。そのために日常生活では、太ったことに気づきにくいもの。


ただ衣替えのときに、去年の服を着るとよくわかりますね。ウエストがきつくなり、お腹を引っ込めてようやく入る状態でした。


結局ほとんどの服が着られずに、新しいものを買うことになったんです。太るのは、経済的にも悪影響しかありませんね」(20代・女性)

次ページ ②口の中の肉を噛むように

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事