ぺえ、故郷・山形県の大雨被害に悲痛な思いを吐露 「衝撃的な光景で…」

山形県出身のぺえさんが、甚大な被害をもたらした故郷の豪雨について思いを綴りました

ぺえ
(写真提供:JP News)

タレントのぺえさんが、故郷である山形県の現状に心境を綴りました。


■山形県、記録的な豪雨

山形県は、梅雨前線や低気圧の影響で記録的な大雨に見舞われています。

28日から29日午前にかけ、山形県で一番大きな川で「100万年も前から流れていた」という最上川が4カ所で氾濫。現在もなお水位が高い状態であることが報じられています。


関連記事:最上もが・指原莉乃、九州の豪雨に思いを寄せる 「実家は大丈夫です」

■両親・実家は無事

30日、ぺえさんは「山形県、最上川の氾濫、大雨被害について」とインスタグラムを更新。

ぺえさんの故郷であり、実家のある山形県を心配するコメントやメッセージが送られたことに感謝を伝え、両親が住む実家は被害がなかったことを報告しました。

次ページ ■「衝撃的な光景で…」

おすすめ記事