朝日奈央、アイドル卒業後は閑古鳥… 「NGナシ」になったキッカケとは

タレントの朝日奈央があの一発芸が生まれた瞬間を振り返り

朝日奈央

29日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)にタレントの朝日奈央さんが出演。アイドルグループ・アイドリング!!!卒業後の苦労について語りました。


■今は売れっ子だけど…

2015年にグループから卒業し、今や「NG無しタレント」として活躍する朝日さん。

当初は何があっても一緒だったメンバーがピタッといなくなった為「不安で何をしたらいいかわからなかった」という彼女は、一時期仕事が激減したそうです。

そんな状況を「さすがにマズイ」と思いマネージャーに相談。テレビ局にあいさつ回りやバラエティー番組のオーディションを受けていた時期があったと明かしました。


関連記事:藤田ニコル、支えてくれたファンへの深い想いを告白 「一個も見逃さない」

■あの一発芸が生まれたのはオーディション

そんな中、あるバラエティのオーディションで「特技はありますか?」と聞かれた朝日さんは、そこで10円玉を目と鼻に入れる芸を披露。

今や様々な番組で披露されているおなじみの一発芸ですが、初めて披露した時はウケるどころかドン引きされてしまったと言います。

そんなほろ苦い経験を経て、無事ブレイクを果たした朝日さん。しかし、「虫を食べる」「大人数で入った温泉の水を飲む」など過激な仕事を次々とこなす彼女を間近で見ている実の妹は、年々芸能界に対する興味を失っているのだそうです。

次ページ ■褒められて困惑

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事