無駄遣いが劇的に減る! お金を使う前に考えたい3つのこと

具体的な指標があると、無駄遣いを減らしやすくなります。経験者たちに、詳しい話を聞きました。

財布を見る女性
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

金欠で困っているけれど、生活習慣を変えるのは難しい…と、悩んでいる人は少なくありません。具体的な指標がないと、欲求を抑えるのが難しいという人もいるでしょう。

そこで、fumumu取材班が、お金を使う前に考えたいことについて、無駄遣いをやめられた人たちに詳しい話を聞きました。


①そのお金で他に何ができるか

「ニキビを治したくて美容皮膚科に通っていた時、『自費治療を続けるよりも、生活習慣を治した方がお肌がきれいになりますよ』と言われたのが、無駄遣いをやめたきかっけです。


治療はもちろん、ニキビを隠すために高額化粧品を買い続けた結果、金欠になって食事はカップ麺ばかり…なんてことがザラだったので。


『お肌をきれいにしたい』という目的は同じでも、そのための方法はいろいろあり、より安く済ませられる可能性も。お金を使う時は、『そのお金で他に何ができるか』を、改めて考えてみてもいいかもしれません」(20代・女性)


関連記事:メリットがいっぱい! 「私がセール品を買わない理由」聞いてみた

②汗水流して働いた価値があるのか

「ある日、自宅の玄関に溜まったビニール傘の山を見て、『こんなものを買うために、私は働いてるの?』と思ったのが、無駄遣いをやめたきっかけでした。


溜まったビニール傘は黄ばんでいたり錆びついていたりするものも多く、そのほとんどが使い物にならない状態で。『私は、ゴミを買うために仕事をしていたのか…』と。


お金を使う前に、汗水流して働いた価値があるのか、今一度自分自身に問いかけてみませんか?」(20代・女性)

続きを読む ③買う以外の方法を周囲に聞く

50%ポイント還元【Kindle本】冬のキャンペーン 16日まで

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事