木村拓哉が傷ついた「何をやっても木村拓哉」 爆笑・太田の言葉で救われる

木村拓哉さんが「何をやっても木村拓哉」と書かれていた記事を、太田さんに相談したことを明かしました

木村拓哉

俳優の木村拓哉さんがパーソナリティを務めるラジオ番組『木村拓哉 Flow supported by GYAO!』(TOKYO FM)で木村さんは、爆笑問題の太田光さんから送られたメールで救われたことを明かしました。


■「軽口を叩かないようにするには…」

19日に放送された同番組では、リスナーからのメールをもとにトークを展開しました。

昔から後先を考えずに発言し、後悔することが多いという20代の女性は「無意識に人を傷つけていることに反省しています」「軽口を叩かないようにするにはどうすればいいのか」と相談。

「調子にのって喋りすぎた経験はありますか?」との質問に太田さんは「俺はほとんどない…」と話すと、木村さんは食い気味に「うそつけー!」と叫び、「87%がそうでしょ、あなたは」とツッコミます。

木村さんは、誤解を与えやすい太田さんの発言を正しく伝える、太田さんの相方・田中裕二さんの存在の大きさを語り、「爆笑問題でいう田中さんのような存在を見つけること」とアドバイスを送りました。


関連記事:木村拓哉、爆笑問題・太田から届いたメールを暴露 「たっくん…」

■太田の言葉に「説得力あるな」

太田さんは「人を嫌な気持ちにさせることばっかり気にしてたら、自分がつまらなくなっちゃう。大丈夫。どんな人だって人を嫌な気持ちにさせながら生きてるんじゃないのかね」と持論を述べると、木村さんも「ある意味、説得力あるな…」と納得。

さらに木村さんは「あの人なにも言わずに帰っていったよね」と感じる“黙っている人”が苦手だそうで、「その時に言いたいことはパンって言える人っていうのは、(傷つけた相手に、きちゃんと謝罪をすれば)そっちのほうがいいんじゃないかと思う」との考えも伝えました。

続きを読む ■誹謗中傷「気にならない奴なんていない」

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

おすすめ記事