疲れた心に最高の癒しを…  サンシャイン水族館にクラゲの大水槽が登場!

池袋のサンシャイン水族館にクラゲエリア「海月空感(くらげくうかん)」がオープンしました!

サンシャイン海月空感東京・池袋にあるサンシャイン水族館に、本日7日から新クラゲエリアが登場! fumumu編集部で取材してきました。


画像をもっと見る

■国内最大級の大水槽

今回オープンしたのはクラゲをメインとした「海月空感(くらげくうかん)」。もともとあったクラゲエリアに、新設を含めリニューアルされたものです。

一番の見所は新設されたひとつ、「クラゲパノラマ」! 横幅14mの大水槽で、国内最大級なのだそう。

サンシャイン海月空感

水槽は、大きく弧を描いているので、まるで360度海に囲まれたような感覚になります。入った瞬間、あまりに綺麗で「ふわわぁ〜」と声が出てしまいます。

サンシャイン海月空感

中でフワフワ漂うのは、「ミズクラゲ」。クラゲは流されて動いているので、水流の方向もかなり調整。大水槽は、実際の海と同じように前後に円を描く水流です。

さらに前面はライトで明るく、後ろは暗くして立体感を出すなど、こだわり度がすごいです。


関連記事:アクアパーク品川のハロウィンがすごい! ポップで可愛すぎる空間に

■無限の海

大水槽には上下に鏡を設置。無限に海が広がっているように見え、広大さを感じられます。場所が広くないため、かなり様々な工夫をして海を表現しているのだそう。

サンシャイン海月空感

反対側の壁一面にはソファーも設置。近くで見ると先ほどのような海底にいる感覚が味わえますし、ソファーに座ると、海に囲まれているような感覚を堪能できます。

さらに、エリア内は今回制作されたオリジナルの音響に、クラゲをイメージしたリラックスできるアロマの演出も。多様な楽しみ方ができつつ、癒しに特化した空間です。

サンシャイン海月空感

ちなみにこちらのミズクラゲ。真ん中の光っている円は胃だそうで、食後は、食べたものの色が見えるのだとか。また、模様も個体で違うため、4つや5つ、8つの円があるものも! 癒されたあとは、クラゲの愛らしさを堪能するのもオススメです。

次ページ ■芸術作品のような水槽

この記事の画像(15枚)

おすすめ記事