ワッキー、中咽頭がんを公表し休養 芸人仲間からのエールも

お笑いコンビ・ペナルティのワッキーさんが、入院することを報告しました

ワッキー
©ペナルティちゃんねる

お笑いコンビ・ペナルティのワッキーさんが、ステージ1の中咽頭がんと診断され、およそ2カ月間の入院を報告しました。


■放射線化学療法で治療

7日、ワッキーさんが所属する吉本興業はホームページで経緯を説明しました。

4月上旬、首にしこりのようなものを感じ都内の病院で検査を繰り返した結果、初期の中咽頭がんであることが発覚したといいます。

担当医との相談の結果、外科手術はせず、放射線化学療法で治療し、芸能活動は8月末まで休養する予定であることを伝えました。

関連記事:パンサー尾形、入院を報告 妻は入院前の行動を暴露 「お菓子とアイスとつけ麺」

■2カ月間の入院

7日、ワッキーさんは「世間様が大変な時期に自分の事ですいません」とツイッターを更新。

「先月、自分の喉に癌がみつかり、 中咽頭癌のステージ1と先生から伝えられました。 そして明日6月8日から治療のため約2ヵ月間入院することになりました」と報告しました。

次ページ ■芸人仲間からのエールも

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事