祖母を殺害し調理して食事に… まるで「ハンニバル」のような事件に戦慄

実の祖母を調理した男性が逮捕

鍋
(Photo_Concepts/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

アメリカ・ロサンゼルスにて「食人」もといカニバリズムに関する事件が発生。37歳の男が祖母を殺害し、遺体を調理した後食べてしまったことがわかりました。

警察が事件現場に到着した際、彼はナチュラルに食事を続けていたそう。この映画『ハンニバル』を思わず連想する事件の全容は、一体どういったものなのでしょうか。


■90歳のおばあちゃんが見当たらない

この凄惨な事件が発覚したのは、2020年6月1日。キッカケは近隣住民の通報でした。

通報内容は、近所に住む37歳の男性・Dwayne Wallickにおかしな言動が多数見受けられた上、90歳になる祖母を全く見なくなってしまったというもの。

「もしかしたら殺されているかもしれない」とおびえる住民をなだめた後、警察はすぐさま現場に駆け付けたそうです。

関連記事:恋人を殺害後にお鍋で… 恐ろしすぎる処理方法が近隣住民を恐怖のどん底に

■遺体をゆっくりと咀嚼

事情聴取を行おうと家に入った警官の目に飛び込んできたのは、堂々と食事を行うDwayne、そして既に帰らぬ人となった祖母の遺体。

警官は「今すぐ食事をやめて両手をあげろ」と命じましたが、なんとDwayneはその言葉を無視し、何事も無かったかのように肉を咀嚼し続けていたのです。

なんとも異様な光景ですが、その後更に衝撃の事実が判明しました

続きを読む ■殺害後解体し調理していた
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事