感染拡大を受けて広がるオンライン授業 想像以上に快適だった3つの理由

こんなに快適だとは思わなかった…!

パソコン
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、大学の授業もオンライン上で行われるようになっています。

そこで、fumumu女子大生記者が実際にオンライン授業を受けるようになって感じたメリットを紹介したいと思います!


①オンデマンド授業ならいつでも視聴可能

オンライン授業の中には、ライブ授業と呼ばれる「生放送」タイプのものと、オンデマンド授業と呼ばれる「録画放送」タイプのものがあります。

どちらも経験した記者の感覚では、よりオンライン授業のメリットが大きいのはオンデマンド授業。これまで時間割に縛られていた授業が「自分の好きなタイミングでいつでも」受けられるんです!これは画期的。

途中で「ちょっと休憩したいな…」と思えば、一時停止もできるので自分のペースで授業を受けられます。


関連記事:大学生が署名活動を実施 休館中の使っていない設備費の返還を求める

②倍速で時短に

大学で授業を受ける場合、どうしても時間割に縛られてしまいますが、オンデマンド授業なら再生速度を自由に変更することができます。

メモを取ることを考えると、さすがに2倍速は速いな…と感じてしまいますが、1.5倍速くらいだと「退屈だな」と感じないベストな速さになりました!

「ここは重要そうだぞ…?」というタイミングで速度を戻すこともできますし、オンラインになったからこそ授業の受け方の自由度が増したと感じます。


③聞き逃しは巻き戻せる

実はこれが一番のメリットなのではないかと思っています。

大学で授業を受けていると、ボーッとしている間に思いの外授業が進行してしまい、気づいた時には「今はなんの話をしているの…?」となることもしばしばありますよね。

一旦そうなってしまうと、授業を聞く意欲が一気に削がれてしまうことも。

しかし、オンデマンド授業の場合はぼんやりして聞き逃してしまった部分まで巻き戻すことで聞き直すことができるんです!これのおかげで、やる気がなくなってふて寝する心配がなくなりました…!

巻き戻しは通学が始まっても残って欲しい機能ですね。

メリハリをつけるために大学に行きたい…という思いもありつつ、倍速や巻き戻しができなくなると思うと、自粛解禁後の授業が辛くなる予感がします…。

・合わせて読みたい→「意識低すぎる女子大生」明日から頑張るぐうたら系? 特徴5選

(文/fumumu編集部・hayami

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事