たむらけんじ、ノーマスクのランナーに苦言 「ええ加減にせぇーよ!」

たむらけんじさんが、マスクをせずにランニングしている人に怒りを滲ませています。

ジョギング
(T-kin/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

20日、お笑い芸人で実業家のたむらけんじさんが、ランナーがマスクをせずに走っている現状があることを明かしました。


■「マスクもしてないランナー…」

たむらさんは、「今、ウォーキングで普段から近所のお子様やご年配の皆さんが集まる川沿いの遊歩道に来ましたが、驚いてます]と自身のツイッターを更新。

「子供やご年配の横をマスクもしてないランナーがハァハァいいながら駆け抜けていく!」と、新型コロナウイルスの感染が拡大される中で、一部のランナーの間で予防や感染させないための配慮が行われていないことを言及しました。

「アホランナーええ加減にせぇーよ! マスクなしで走りたいんやったらお前の家の中走りまくっとけ!」と怒りを滲ませています。


関連記事:中国発・鼻マスクに現地のネット民からツッコミ殺到 「ネタだと言って」

■「ネットで気づく方も…」

強めの言い方をしたので、悪口と捉えられた人もいるようですが、該当のツイートには「ルールを守ってウォーキング、散歩はいいと思いますが、さすがにノーマスクでのランニングは酷かった」と補足も。

「自分さえかからなければ良いというお考えなのですか?」「ネットで気づく方もいてるんじゃないんですか? 」と、ランニングで息が上がるためマスクをしておらず、マスクをした方が良い状況であることに気づいていない人が見直すきっかけになるのではないかと、投稿した経緯を説明しています。


■ビビりました

この投稿には、「よく言ってくれました。山中教授もマスク無しのジョギングを危惧されていますね」「自分もウォーキングしてる時、前からハァーハァー言いながら走ってくる奴いました。思いっきり避けましたけどビビりました。自己防衛…ウォーキングする場所も考えやなあかんなと思いました」と同じように危機感を覚えている人からのコメントが続々と寄せられています。

走っていると飛沫の距離が伸びると言われているので、注意したいところです。

・合わせて読みたい→ハリー杉山、医療関係者がマスクをしていないことに言及 「足りてない」

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事