彼女と誤って母のベッドにもぐりこみ… 往生際の悪い行動にブーイング続出

彼女の母親を勘違いした男性の末路とは…。

落ち込む男性
(Kate Aedon/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼女だと思っておさわりしたら別人だった…そんな恥ずかしい経験をした人がアメリカの掲示板「Raddit」に出現。

なんと彼女と彼女の母親を「勘違いしてしまった」と話し、話題を呼んでいます。


■美しい母を持つ彼女

ガールフレンドの家でパーティが行われるため、訪問したという投稿主。その時初めて会った彼女の母親は40歳を超えているものの、美しく「もっと若く見えた」と話しました。

挨拶もそこそこに友人一同でパーティを始め、楽しく遊んでいたのですが途中疲れてしまったという彼はひと眠りしようと、既に寝ていたという彼女が待つベッドに向かいます。


関連記事:男子寮に謎の女性が乱入… 自分の家であるかのように振る舞い住人困惑

■彼女にボディタッチ…?

お風呂に入り、ベッドにもぐりこんだ投稿主は隣に寝ていた女性に対しボディタッチを開始。一旦は拒否されてしまいますが、その後再度アピールをしたといいます。

しかし、もう一度触ってみると何かがおかしい。いつもの彼女より少しだけ豊満で、身体から発される香りも違う…そう思った彼がよくよく相手を見てみると、隣で寝ていたのは彼女のお母さんだということがわかりました。なんてこった。

次ページ ■脱出したその後

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事