タピオカの配達に行ったら猿が商品を強奪 猿界にタピオカブーム到来か

タピオカの配達でまさかの強盗事件。犯人はなんと猿。


UberEatsをはじめ、様々な宅配サービスが展開されている昨今。台湾の掲示板「Dcard」にて、日々の配達を担う配達員がある珍体験を公開し、大きな話題を呼んでいます。


■タピオカミルクティーをお届け

配達員として働いている投稿主は、この日大学の寮にタピオカミルクティーを配送するためバイクを走らせていたそう。

目的地に到着したものの、寮が大きすぎる故に部屋の位置がわからず、注文者に電話で確認をとろうとしていたと明かします。

自身のバイクに注文された品を置き、スマホで電話をかけていた最中彼は衝撃的な光景を目にするのです。


関連記事:新宿で持ち歩きたい! 女子大生のおすすめタピオカミルクティー8店

■タピオカ泥棒の正体は…

「部屋ってどの辺ですか?」そう電話で話している中、目の前に現れたのはなんと2匹のお猿さん。

猿は俊敏な動きでタピオカミルクティーを2杯強奪し、その場で飲み始めてしまったのだとか。

彼は「お客さんにタピオカを猿にとられたなんて、そんなこと言えるわけないだろうが~!」と書き込み、「これが配達員人生で一番驚いた出来事です」と締めくくりました。

次ページ ■猿もタピオカがお好き

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事