「やりたいことが見つからない…」 自分の好きなことの探し方を聞いてきた

「好きなことをしていいよ」と言われても、なにが好きなのかわからない…。どうやって好きなことを見つければいいのでしょうか?

考える女性
(gpointstudio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「自分のやりたいことを見つけよう!」と、自由な選択を求められる昨今の風潮。

「そんなこと言われても、どうやって見つければいいの?」と困惑している人も多いのではないでしょうか。

自分の好きなこと見つけるために、なにかコツはあるのでしょうか? fumumu取材班が、好きなことを探す際のポイントを聞いてきました。


①周りの意見は一旦聞かない

「就職活動のとき、人の意見を聞きすぎて頭がこんがらがったことがあったんです。『それは向いてないんじゃない?』『こっちのほうがキャラに合ってるんじゃない?』って、アドバイスをもらいすぎていたんですよね。


人の意見に惑わされて、自分自身がなにをやりたいのか見失っていたんです。なにか興味のあることを探したいなら、一旦人の意見を聞かない時期を作ってもいい気がします。


自分には向かないと人に言われたことが、意外とぴったりハマることもありますから。自分の直感のままに進んでみることも、大切だと思います」(20代・女性)


関連記事:好きだからこそ甘えてしまって…彼氏といるときに出る自分のわがままなところ

②できるかは考えない

「趣味を作りたいときに、自分ができる・できないで考えていたときは、まったく見つかりませんでした。やったことがないんだから、できないことは当たり前なんですよね。


それなのに、少しでも上手にできるように、自分ができそうなことばかり探していたんです。自分が楽しそうと思うか・思わないかを軸に考えるようにしたら、やりたいことがたくさん見つかりましたよ。


最初はできないことがほとんどですけど、まったく上手にできないとしても、それはそれで楽しめるようになりました」(20代・女性)


③調べる前にやってみる

「やりたいことが見つからない人は、そもそもなにもやっていないんだと思います。調べるだけ調べて、自分には向いていないと判断してしまったり…。


何事も、やってみないとわからないことがほとんどだと思いますよ。試しにやってみることで、興味があることが増えていくと思います。


やってみて面白くなかったら、自分の興味がないことをひとつ見つけられた、と思えばいいんじゃないでしょうか」(20代・男性)

自分には向かないと思ったことも、やってみたら意外と楽しく感じられるかもしれません。

友達の趣味に一緒に参加したり、体験無料のサークルやレッスンに行ってみるのもおすすめですよ。

・合わせて読みたい→自分らしさって? 人の目を気にしてついやってしまう5つのこと

(文/fumumu編集部・くまのなな

おすすめ記事