正月休み明け…「やる気が出ない時の対処法」聞いてみた

正月休みはもう終わったのに、全然正月気分が抜けない…と、ダラダラしてしまっている人は参考にしてみてはいかが。

だるい女性
(Doucefleur/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

最大で9連休となった、令和初の正月休み。休みが長いのは嬉しい反面、休み過ぎてしまった結果、やる気が出ない…と焦っている人も多いのではないでしょうか。

そこで、fumumu取材班が、何にもやる気になれない時の対処法について、経験者たちに詳しい話を聞きました。


①飽きるまでダラダラ過ごす

「何にもやる気になれないに無理矢理行動しようと思っても、失敗したり上手くいかなかったりしがち。そんな時は、飽きるまでダラダラ過ごすのがオススメですよ。


私の場合は、ダラダラ過ごすのに飽きた瞬間、やる気スイッチが入ります」(20代・女性)


関連記事:「働きたくない…」仕事のモチベーションを上げるにはどうしたらいい?

②体重計で自分の体重を測る

「正月休み中、ダラダラ過ごした結果が目に見えて分かるのが体重計の数値。特に暴飲暴食した記憶がなかったとしても、家でダラダラ過ごしているだけで想像以上に体重が増えているので驚きます。


そこで私は、何にもやる気になれない時ほど体重計で自分の体重を測るようにしています。増え幅が大きければ大きいほど、『このままじゃいけない』『どうにか痩せなきゃ…』と、焦るので。


私にとって、自分を戒めることは一番のモチベーションアップです」(20代・女性)


③カードの利用明細を確認する

「正月休み中は、セールや年越しイベント、初詣や新年会などで想像以上に散財しがち。でも、支払いをカードで済ませている場合、お金を使い過ぎているという自覚がなく、引き落とし日の連絡が来て急に焦ってしまうこと、ありませんか?


私は、正月休み明けすぐにカードの利用明細を確認し、請求額を自覚することで、仕事へのやる気に繋げています」(20代・女性)


④SNSから刺激を受ける

「普段はウザいと思っているSNSのリア充投稿ですが、やる気になれない時はいい刺激になってくれることもあります。


去年、年明けをグアムで迎えていた友人の投稿を見て羨ましく思った私は、『負けていられない!』と、一念発起。一年間仕事を頑張り、今年はハワイで年越しを迎えています」(30代・女性)


正月休み明けだけでなく、何にもやる気が起きなくなってしまった時には、参考にしたいですね。

・合わせて読みたい→「やる気が出ない…」とダラダラする前に! やる気を引き出す3つの方法

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事