独身女子と既婚女子 変わらず友達でいる3つのコツ

環境が変わっても、大切な友達と変わらず付き合っていくコツはあるのでしょうか。

食事する女性
(TuiPhotoengineer/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

すごく仲がよかった友達も、環境の変化によって少しずつ疎遠になることってありますよね。特に結婚や出産は、人生の中で大きな変化になることもあります。

既婚女子と、未婚女子。疎遠にならずにお付き合いを続けていくには、なにかポイントがあるのでしょうか? fumumu取材班が聞いてきました。


①お互いが分かる話題にする

「それぞれの立場しか分からない話をしても、お互いつまらないんですよね。私は結婚していないし、子どももいないので、子育ての話をされてもいまいち理解できないし。


相手も、会社のキャリアアップの相談をされても、なんて返したらいいのか悩むこともあると思うんです。盛り上がらない話をしてもおもしろくないので、共通の話題を探すようにしてますよ」(20代・女性)


関連記事:友達は多いほうがいい? 少ないことで孤独を感じた女子3人の本音

②相手の立場を否定しない

「そこまで仲がよくない関係の人に、『はやく結婚しないと売れ残っちゃうよ~』と言われたことがあるんです。その人は結婚していたんですけど、なんでそんなこと言われなきゃいけないの!? と思って…。


そばで聞いていた友達も結婚している子なんですけど、その言葉にドン引きしてました。あとから『気にしないほうがいいよ』と言ってくれて、つい愚痴っちゃいましたね(笑)


既婚でも未婚でも、お互いの立場を否定しない相手ならうまくやれると思います。反対に、相手のことを否定したり、自分が優位に立った感じで話をしてくる人とは、距離を置きたくなっちゃいますね」(20代・女性)


③環境の変化を理解する

「学生時代にいくら仲がよかった子でも、環境が変わるとなかなか会えなくなるじゃないですか。結婚して子どもが産まれると余計にそうで、夜の飲み会にも誘いにくくなったり…。


でも、その変化に付き合いが悪いと怒るのは、心が狭いかなと思います。自分だって仕事で忙しいときは友達付き合いが悪くなりますから。


人それぞれ環境は違うし、かつどんどん変化していくものだから、相手の立場を尊重して付き合っていくことが大切なのかなと思います」(20代・女性)

環境の変化は、生きていくうえで必ず起こることですよね。

相手のことを決めつけたり、否定することなく、お互いの立場を尊重しながら付き合っていくことが大切なのかもしれません。

・合わせて読みたい→友達は多いほうがいい? 少ないことで孤独を感じた女子3人の本音

(文/fumumu編集部・くまのなな

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!