豊富なバリエーション! 今年の秋はベージュカラーで決まり

今年の秋はベージュで決まり。ベージュうにもたくさん種類があるって知ってた?

今年の秋のトレンドカラーはなんと言っても「ベージュ」!

ひとくちに「ベージュ」といっても、色々な種類があるんです。ベージュカラーの特徴と色の種類について説明しますので、ぜひ今後のカラーの参考にしてみてくださいね!


■そもそもベージュって何色なの?

ベージュにも2種類あって赤みのあるベージュと無いベージュ。皆様の多くの方がイメージするのは、ミルクティーのような赤みのないベージュではないでしょうか。

対して、赤みがあるベージュとはどんな色なのか?茶色いテディーベアーをイメージして下さい。クリーム色のテディーベアーと茶色いテディーベアー。でイメージしてみてください。


関連記事:「ラベージュ」って知ってる? 美容師がヘアカラーのトレンドを紹介

■ヘアカラーで再現するとこうなる


★透明感抜群の「ライトベージュ」


透明感、透け感、ハイトーン、外国人風というキーワードがぴったりです。誰もが憧れるブロンドヘア。季節的にも夏か冬がオススメです。


★ダークトーンの鉄板「ダークベージュ」


誰にでも挑戦しやすいブラウンをベースとしたダークベージュ。

ツヤ感がとてもあるのでオフィシャルなシーンにおいてもとても好印象です。9トーンくらいまで幅広く対応できるのでそこも魅力のひとつ。


■ベージュをベースに”ちょい足しカラー”

おまけです。ベースはベージュにバイオレットやカーキというアクセントカラーを少し混ぜることにより見え方が全然違います。

★バイオレットベージュ


「バイオレット」にはもともと重厚感があり上品なイメージがあります。普通のベージュではつまらない。そんな方はバイオレットを10%でも20%でも入れましょう。

あまり多く入れることはオススメしません。バイオレットがベースになってしますので。オリジナルベージュの完成です。


★カーキ(マット系)ベージュ


「マット」というのは、わかりやすく言うと緑の色素。程よい透明感が出ます。艶と透明感を併せ持ちたい方にはこの組み合わせがオススメ! アッシュよりより強く赤みを消してくれます。

以上が今年の秋のトレンドカラーのベージュをベースとしたカラーです。

ぜひ皆様も美容師さんと相談して決めてみましょう!

・合わせて読みたい→「アッシュカラー」ってよく聞くけど…結局アッシュって何色なの!?

(文/fumumu編集部・横瀬 卓

この記事の画像(5枚)

おすすめ記事