相手は選んで! 人に本音を伝えて面倒なことになったエピソード

心が弱ったときは、誰かに本音を聞いてもらいたくなるものです。しかし相手を選ばないと、大変なことに…。

内緒
(Deagreez/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人は誰でも、心の奥に本音を隠しているものです。しかし気持ちが弱ったときには、本音を人に漏らしたくもなるでしょう。


■6割近くが人に本音を見せない

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、人に本音を見せないか、調査を実施しました。

人に本音を見せないグラフ

「本音を見せないほうだ」と答えた人は、全体で57.2%でした。

fumumu取材班は女性達に、人に本音を漏らして面倒なことになったエピソードについて聞きました。


関連記事:友達は多いほうがいい? 少ないことで孤独を感じた女子3人の本音

①彼氏の愚痴を友達に

「彼氏との仲がいまいちうまくいってなかった時期があり、友達に愚痴を言っていたんです。私からすれば気持ちを発散するために聞いてほしかっただけなのですが、友達が深く受け止めてしまって…。


友達は彼氏を呼び出し、『そういうところを直したほうがいい』など注意したみたいで…。愚痴がバレてさらにややこしいことになったので、言わなきゃよかったと思いました」(20代・女性)

次ページ ②上司への不満を同僚に

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!