どんなに眩しくても絶対に無理! 勇気を出してサングラスをかけてみた結果…

ファッションアイテムとしても活用できるサングラスですが、実際にかけるにはかなりの勇気が必要です。

サングラス
(Fahroni/Getty Images Plus/写真はイメージです)

サングラスはファッションアイテムでもありますが、手を出すにはハードルが高いものだといえます。「いままでかけたことがない」という女性も、たくさんいるのではないでしょうか?


■女性はサングラスをしたくない

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,721名を対象に、どんなに眩しくてもサングラスはしないか、調査を実施しました。

どんなに眩しくてもサングラスはしないグラフ

「サングラスはしない」と答えた人は、全体で43.1%でした。

性別・年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっています。

どんなに眩しくてもサングラスはしない性年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、サングラスをかけて失敗したと思ったエピソードについて聞きました。


関連記事:何がまぶしいの? 夜や室内でサングラスをかける男の痛い行動3選

①恥ずかしさを耐えられず外す

「夏の紫外線対策は肌だけでなく目にも必要だと思い、サングラスを買ってみたんです。これまでサングラスなんてかけたことがなかったので、初めてかけて外出するときはドキドキしました。


サングラスをかけながら電車に乗ったのですが、気持ちが落ち着きません。周囲からどう思われているかが気になってしまい、サングラスをかけているのが恥ずかしくなってきました。


我慢ができずに、外してしまいました。それ以来、サングラスはかけていません」(20代・女性)

次ページ ②友達に大爆笑される

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!