論争続く「痴漢に安全ピン」 無償弁護を呼びかけたツイッターが話題

「痴漢被害を減らしたい」と動き出す企業や、ツイッターで呼びかけたある弁護士の動きが話題になっています。

安全ピン
(DPGadal/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「痴漢」…性暴力のひとつであり、性犯罪です。痴漢に関する事件は連日報じられ、後を絶ちません。加害者を捕まえた人、泣き寝入りした人…どんな形であれ、被害者の心には深い傷が残ります。

現在「痴漢被害を減らしたい」と動き出す企業や、ある弁護士の動きが話題になっています。


■海外でも警鐘「chikan」

昨年には、英国政府による自国民向けのサイトに「渡航注意情報」と日本の性犯罪に関する記載があり、この中に「chikan(痴漢)」との単語もあることが話題になりました。

海外に比べてレイプ事件は少ないことを記載しながらも、日本は被害者に大きな負担があること、女性の人権が守られていないこと、そして電車内での痴漢の被害は一般的であることが記載されています。

これには「日本の恥だ」と反発する意見、一方で「実際に起きていることを提示することは必要だ」と様々な意見が寄せられました。


関連記事:千原ジュニア、痴漢冤罪を防ぐ方法を提案 「電車の中を…」

■「シヤチハタ」が痴漢対策用ハンコ

そんな「日本の恥」が毎日のように起きている現状。「被害を減らすことができれば」と、痴漢対策用のハンコを開発することを発表したのは“朱肉いらずのハンコ”でお馴染みの、大手ハンコメーカー「シヤチハタ」。

被害者が相手の手などに印を残すことで「証拠になる」「抑止力にもなる」と生まれたアイデアだといいます。実現に向け、動き出しています。

次ページ ■安全ピントラブルに「無償で弁護士たる」

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!