レズビアンの人が語る…女性同士で付き合うメリット

女性同士の恋愛は、異性との恋愛と違った良い面があるようです。詳しく話を聞いてみました。

LGBT
(imemei/Getty Images Plus/写真はイメージです)

レズビアンやゲイでない人にとって、女性同士の付き合いというのは未知のものですよね。

今まで、自分がレズビアンだと気づいていなかった人にとっても、どういう恋愛になるのか気になるところだと思います。

そこでfumumu取材班は、レズビアンだという女性に、女性同士で付き合うメリットを聞いてみました。


①生理への理解がある

「やっぱり男性はどんなに努力してくれても、経験しないから、完全に生理を理解することって難しいですよね。めちゃくちゃ優しくしてくれるのはありがたいけれど、それがかえって腫れ物扱いみたいでイライラしたり…。理不尽なのはわかっているんですけれど、そういう理不尽なこと混みで、女の子同士だと理解できると思うんです。


食べ物の好みが変わるとか、温かい飲み物が欲しいとか、今欲しいフォローとか、そういう細かいことにも、やっぱり女の子の方が気づけますよね」(20代・女性)


関連記事:レズビアンの人が語る…女性同士で付き合うデメリット

②考え方の違いが小さい

「男性脳、女性脳なんて言われ方もしますけれど、根本で男と女は相容れないな…と感じることってよくありますよね。私は自覚を持つ前は、男性とお付き合いしたこともあるんですけれど、やっぱり考え方の違いでケンカをすることが多かったです。


ありがちな話だと、仕事に専念しすぎて一切連絡してこなくなるとかね…。女同士だと、自分の嫌なこととか気になることが似ているし、考え方の違いがそんなに大きくないので、とても理解し合えると感じています」(20代・女性)


③ウィンドウショッピングを楽しめる

「彼氏の子持ちとかの話を聞いていると、デートも気を使いそうだなって感じてしまいますよ。買い物も数分で我慢の限界がきてケンカになってしまうっていう話を聞くと、女の子同士で良かったと思いますね。


可愛いネイルでお揃いにしてもらったり、洋服の選びあいっこをしたり…。好きだからこそ、相手に似合うものを本気で選びますよね。何も買う予定がないのに、ウィンドウショッピングだけで数時間とか、そういうダラダラしたデートができるのも魅力だと思います」(20代・女性)


相手との相性もあると思いますが、男性との恋愛に比べ、おっとりとした恋愛をしやすいそうです。

女性の面倒な部分も含めて理解が得られるのは、嬉しいですよね。

・合わせて読みたい→同性愛者だと隠している人たち…恋愛事情を聞いてみた

(文/fumumu編集部・Amy

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!