年相応なのに…自分を若いと思っているおじさんの勘違い行動

自分が若いと思って、空回りするおじさんたち。

体力作り
(TAGSTOCK1 /istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人は誰でも、年を取るものなのに、加齢が受け入れられないのか、いつまでも自分が若いままだと思っている人もいます。

自分が若いと思っている人は女性に多いと思われがちですが、じつは男性にも勘違いした人がいるようです。

 

■30代を過ぎるとおじさんの自覚が

fumumu編集部では全国20〜60代の男性680名を対象に、自分はおじさんに分類されるかどうかの調査を実施しました。

自分はおじさんに分類される年代別グラフ

年代別では、30代から一気に割合が増えています。

fumumu取材班は3名の女性に、自分が若いと勘違いしているおじさんについて話を聞きました。

 

①若く見えると思ってるけど年相応

「会社にいる40代後半の上司は、自分は年齢よりも若く見えると思っているようで…。でも私にも周囲にも、年相応にしか見えません。

 

先日、飲み会で上司が中途で入った女性社員に、『僕、いくつに見える』なんて質問をしていました。その子は『40歳くらいですか?』と、おそらく気を遣って少し若めに答えたんだと思います。

 

そしたら『そんなもの? この間なんて、32歳って言われたよ』って、平気な顔で言うからびっくりで…。『そんなこと言ったの、一体誰よ?』って、会ったこともない人を恨みました。いくらお世辞でも、無理がありすぎます」(20代・女性)

 

②「TikTok」に手を出す

「うちの上司は、若い子の間で流行しているものを無理に追いかけて話を合わせようとしてきます。最近はスマホアプリの『TikTok』に手を出し、若い気分に浸っているようです。

 

そもそも『TikTok』は10代とか20代でも学生がメインターゲットなので、会社にいる若手社員はみんなしていません。すると、『若いのに、流行に鈍感なんだな』みたいなこと言われて…。

 

先日、上司の『TikTok』の動画を見せてもらいましたが、『おじさん、無理すんな』って感想しかありませんでした。しかも普段は、若い女の子の動画を見て楽しんでいるらしくて。やっぱり、行動はおじさんで…」(20代・女性)

 

③同年代の女性をおばさん扱い

「40代の上司が、パートの女性たちをおばさんあつかいしています。でもほとんどの人はその上司と同年代で、中には若い人だっているのに…。

 

ただおばさんあつかいされてる人たちも、上司のことを裏で『あのジジイ、無理ばかり言ってウザい』とか言っているからお互いさまだけど…」(20代・女性)

 

年相応でいることは、意外に難しいことなのかもしれません。

・合わせて読みたい→親子ほどの年齢差なのに…20代女子を口説く勘違いおじさん

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男性680名(有効回答数)

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!