ウエンツ瑛士、母から結婚のプレッシャー… お見合いで交際の“制約”明かす

彼女が欲しいウエンツのガチお見合いで明かされた“制約”とは?

ウエンツ瑛士

12日放送の『しゃべくり007 2時間SP』 (日本テレビ系)に、タレントのウエンツ瑛士さんが出演。

35歳になり母親から結婚のプレッシャーを受けていることを明かし、女性と付き合うにあたっていくつかの制約があることを告白しました。


■母親が「結婚しろ」とプレッシャーを

留学先のイギリスから、今年の春に帰国したウエンツさん。ところがひとり暮らししようにも、緊急事態宣言発出により部屋探しができない状態。なので20年ぶりに実家に戻り、母親と一緒に暮らしています。

ある日、ウエンツさんがテレビを見て「この子可愛いな」と呟くと、「あんたいい加減にしなさいよ。いつまでテレビ見て可愛いな可愛いな言ってるの。そういうの(恋愛の話)ないの?」と、母親からたしなめられたそう。それもあってウエンツさんは最近、結婚を意識し始めたのだとか。


関連記事:ウエンツ、生田斗真・清野菜名の結婚初日に… 「申し訳ないことをした」

■付き合うにあたって制約が

ウエンツさんの好きなタイプは女子アナ系の清楚な女性とショートカットの女性。そこで番組は、ウエンツさんの恋人探し企画を実施。

女性とマッチングさせるため、候補となる3人の女性が登場しお見合いの場を設けました。そこでウエンツさんは「全然家でしゃべらない(けれどいいですか)」と、テレビのイメージとは違う寡黙な顔と「舞台中だと稽古や本番に合わせて2、3か月まったく人と会わない。そんなとき連絡が来ても完全に無視することがある」と仕事に没頭し、恋愛を後回しにする姿勢を打ち明けます。

次ページ ■意外にもコレが重要なのかも?

おすすめ記事