千光寺ロープウェイ、”感情的”ツイートから反響 現在の状況を聞いてみた

広島県尾道の千光寺ロープウェイが、連休初日におこったトラブルをツイートし反響が集まりました。現在の状況はどのような感じなのでしょう?

千光寺山ロープウェイ
(画像は千光寺山ロープウェイツイートより)

コロナによる自粛もやや緩和されはじめた矢先の4連休。各地ではレジャーに出かける人も多いのか、混雑している観光地もある様子。

そんななか、広島県尾道の千光寺山ロープウェイでは、お客から理不尽な怒りをうけたことに対する苦しい心情のツイートが話題に。fumumu編集部では、職員の方に現状を伺ってみました。


■誘導員に怒鳴る

尾道の街並みを、ガイド案内付きで楽しめる千光寺山ロープウェイ。ツイッターの公式アカウントは日々の運行状況や猫の写真を投稿するほのぼのとしたものですが、19 日のツイートでは一変。苦しい心情を吐露します。

投稿されたのは、「誘導している誘導員に『このご時世なのに人が多い』と怒鳴った人がいたようです」「誘導員に怒鳴ったら人が少なくなるとお思いなんでしょうか」という内容。どうやら、混雑でなかなかロープウェイに乗れず、シビれを切らしたお客が誘導員に理不尽な怒りをぶつけたようです。


関連記事:kemio、サイン入り著書がメルカリ転売… 心境を語り慰めの声集まる

■「少し感情的に…」

普段の穏やかな投稿から察するに、そうとうな想いでツイートをしたと思われる中の人。怒鳴られた誘導員は普段とても一生懸命な人柄で、かなり怖い思いをしたのでしょう…震えた声で報告してきたそうです。

中の人は「少し感情的になってしまいました」と言い、そんな理不尽なお客は稀であるとしつつ「怒らずとも伝えられることはあるはずです」と苦しい胸の内を綴りました。

この一連の投稿にはかなりの反響があり、21日現在では約4000件のリツイートに7000件のいいねが集まっています。さらにコメントでは「怒鳴るその人もその『人』の一人なのに」「係員さんが悪いわけではないので、気にせずに」といった共感やはげましの声も。

とはいえ、明日まで続く連休。怒鳴られた方や他の係員は現在どんな状況なのか…fumumu編集部は職員の方にお話を伺いました。

次ページ ■反響後の様子は?

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事