行き当たりばったりデートのトラブル、どうやってフォローする?

彼氏のリサーチ不足でデートが失敗することも。フォローしたことがある女子に、デートを楽しむための方法を聞いてみました。

不満のあるカップル
(Digital Vision./istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼が誘ってくれたデート、しっかり計画してくれていたり、会う日程しか決めていなかったり、相手の性格が出ますよね。

fumumu編集部では全国20~60代の男女1,664名を対象に、デートはしっかりと予定を立てたいと思うか調査を実施したところ、立てたいと回答したのは全体の42.2%。

デートはしっかりと予定を立てたいグラフ

半数以上は予定をしっかり立てなくても平気なようです。そのためデート途中でトラブルがあると、気まずい空気になってしまうこともありますよね。

そこで、女子が機転をきかせたら、デートが楽しめる上、彼からのポイントも上がるかも…。

fumumu取材班は、彼氏が失敗したデートをフォローした経験がある女子に話を聞いてみました。

 

①高い割に料理が微妙

「彼氏が記念日だったので、奮発してお高いレストランに連れて行ってくれたんです。見た目は凝っていて素敵だったんですけれど、肝心の味があまり良くなくて…。

 

彼氏も微妙な顔をして『庶民にはわからない味だな』と言っていました。さすがに私まで同意はできなかったのですが、かなり気を落としているようで、微妙な空気に。

 

この気持ちのままデートを終わらせたら、せっかくの思い出が悪くなってしまうし、何より、頑張ってくれた彼氏の気持ちを考えると、このままではいけないような気がしました。

 

だから、『ここに美味しいお店があるから、デザートに行かない?』と提案して口直しすることに。私は甘いものが好きなので、スイーツを食べている時に思わず笑顔になりました。それを見た彼氏も元気になったので、失敗したときに口直しに行くのはアリだと思います」(20代・女性)

 

②休館日

「前々から行きたいと思っていた博物館がありました。彼氏とそこに行く約束をしたのですが、よく調べなかったようで、行って見たら休館日。

 

結構遠出をしたこともあって、彼はすごく申し訳なさそうにしていました。だから、すぐに似たジャンルの博物館・美術館をリサーチして、そこに行くことを提案しました。

 

その行動に彼氏も安心をしたようですし、『これを見たい』という欲求も満たせて、楽しく1日を過ごすことができました」(20代・女性)

 

③天気

「彼氏に展望台を見に行こうと誘われました。しかし、降りた駅では雨が降っていました。どうやら、地元の天気を見て安心してしまったみたい。これだと、展望台に登っても、夜景は見れないですよね…。

 

彼氏も気まずそうな顔をしていたので、『もしかしたら見れるかもしれないし』と思って、とりあえず行くだけ行ってみることを提案して見ました。そしたら、確かに夜景は見れないのですが、分厚い雲の層のようなものに囲まれた不思議な空間ができていて。とても面白かったので、はしゃいでしまいました。

 

そんな様子を見て、彼氏も安堵したみたい。人がいないからゆっくりできるし、こんな天気の日も別の楽しみ方ができると感じました」(20代・女性)

 

どうやら、予定を汲み取りつつすぐに別の場所を調べたり、多少想定外のことがあっても女子が楽しんだりすることで、良いデートができる様子です。

ある程度予定がわかっていれば、事前に「彼氏はちゃんとリサーチしたかな?」と自分も下調べしつつ、失敗したときにはサッとフォローできるといいですね。

・合わせて読みたい→こんなはずじゃ…「浴衣で花火デート」悲しい失敗談3選

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!