ヘンテコでカワイイ公園施設 岐阜『養老天命反転地』行ってみた

岐阜県に楽しく、インスタ映えする公園内施設『養老天命反転地』があります。実際に行ったfumumu取材班が楽しいポイントをまとめます。

養老天命反転地

ゴールデンウィークにどこに行ったら良いかなと迷っている人も多いですよね。

岐阜にインスタ映えばっちりな楽しい公園施設『養老天命反転地』があります。実際に行ったfumumu取材班がまとめてみました。

 

■日本一危険な公園? 『養老天命反転地』

『養老天命反転地』はJR名古屋駅から電車と徒歩で1時間あまり。岐阜県・養老町の養老公園の中にあるアート作品です。世界的に有名なアーティストの荒川修作とマドリン・ギンズにより設計されました。

体で直接体験できるアート作品です。自分自身の体を使って、バランスをとりながら、身体の可能性を見つけることができるというコンセプトです。予想もつかない非日常の不思議な世界に出会える場所です。

この公園は「極限で似るものの家」と「楕円形のフィールド」から構成されています。

養老天命反転地

滑りやすい傾斜やくぼみが沢山あるので、スニーカーで行くことをオススメします。運動靴の貸し出しもあります。100円のロッカーがあるので小さい荷物でも預けた方がいいと思います。

養老天命反転地

 

■ヘンテコで可愛すぎると話題

養老天命反転地

オススメは入園してすぐの所にある養老天命反転地記念館です。ピンクメインのカラフルで不思議な形の建物です。外側は24色も使われていて、そのまま内側にも色が反映されていて、不規則に差し込む光が素敵です。

養老天命反転地

奥に進むと楕円形の大きな窪みがあります。この中には9つのアート作品が点在してあります。精緻(せいち)の棟、白昼の混乱地帯、もののあわれ変容器、宿命の家、地霊、想像のへそ、陥入膜の径、運動路、切り閉じの間と名前がつけられています。名前の通り不思議な空間です。

養老天命反転地

全部回るとけっこう時間がかかり、傾斜があるので、けっこう足がパンパンに。どこに繋がっているかわからずに迷ってしまうような、アドベンチャー気分でも楽しめます。大人数で行っても楽しめます。

『養老天命反転地』では非日常的な空間を楽しめます。近くに行く予定があれば寄り道をオススメします!

住所:岐阜県養老郡養老町高林1298-2 養老公園内
入場時間:9時〜16時半(開演時間は〜17時)

休園日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
入場料:大人750円、高校生500円、小中学生300円

・合わせて読みたい→ベタ惚れしていなきゃしない…男子がする最上級の愛情表現

(文/fumumu編集部・Nami

この記事の画像(6枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!