スーパーでチラシの商品が値下げしていなくても…怒ってはいけない理由とは?

新聞の折り込み広告の中でも多いのが、スーパーのチラシです。チェックしてから、買い物に行く人も多いようで…。

スーパーマーケット
(Koji_Ishii/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

新聞の折り込み広告の定番は、スーパーのチラシでしょう。チラシを見てなにを買うか決めてから、スマホにメモをするなどして、買い物に行く人も多いはずです。

子供の頃、チラシの裏に絵を描いたり、折り紙をして遊んでいたりすると、家族にチラシが入っていなかったか尋ねられた経験も少なくないですよね。逆に、家のどこへチラシを持っていったか家族に聞くこともあるかもしれません。

 

■4割以上がチラシをチェック

fumumu編集部では全国20〜60代の男女1,589名を対象に、スーパーへ買い物に行くときにはチラシをチェックするか、調査を実施しました。

スーパーへ買い物に行くときにはチラシをチェックするグラフ

「チラシをチェックするほうだ」と答えた人は、全体で43.2%でした。

性別・年代別では、30代以上の女性に多くなっています。

スーパーへ買い物に行くときにはチラシをチェックする性別・年代別グラフ

fumumu取材班は女性たちに、折り込み広告に関するエピソードを聞いてみると、やはりちょっとしたトラブルがつきもののようです。

 

①爪を切るときに使って捨てたため…

「足の爪を切るときにちょうどいいと思い、新聞の折り込み広告を足の下に敷いていたんです。爪切りが終わったら、そのまま丸めてゴミ箱に捨てました。

 

しばらくして母が、『今日、スーパーのチラシが入っていたはずなんだけど…』と聞いてきて…。私は正直に爪切りに使ったと話し、ゴミ箱からチラシを取り出そうとしたんです。

 

母には『そんなの、もういらないよ』と、返されましたが…」(20代・女性)

 

次ページ ②少し前に入った広告を見ていた

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!