私ってキープされてる? こんなサインがあったら要注意

自分はキープされているのではないかと不安になることも。実際にキープされていた女子に話を聞いてみました。

泣く女性
(Tabee/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

こちらは彼氏として接しているつもりでも、相手の扱いになんだか不信な点があると、不安を抱えがちです。彼の行動、じつはキープされているからかもしれません。

そこでfumumu取材班は、キープされていた経験がある女性たちが感じたサインを聞いてみました。


①関係性を聞かずにずるずると…

「大学で親しくなって、彼とは流れで付き合いました。どちらからも告白することはなく、自然とデートへ行ったりと、恋人らしいことをしていました。しかしあるときを境に、あまり連絡が取れなくなりました。


どうやら、彼にとって私は時間つぶしでしかなかったようです。『彼女ではない』と私にはっきり言われた上、周りには『ほぼ彼女』と伝えていたことがわかって、自分はキープだったのだとわかりました。


最近は流れで付き合うカップルも多いと思います。『私達、付き合ってるよね?』と確認したほうが良いかもしれません。そこでごまかすようなら、怪しいと思います」(20代・女性)


関連記事:「今は仕事に専念したいから」と一旦恋愛関係を解消する彼の本音

②一度振られたのに誘われる

「彼に一度振られたにも関わらず、しばらくしてから食事の誘いがよくあって。好きだし諦めきれないので、わざわざスケジュールを空けて応じていました。


一晩過ごすこともあったけれど、『やり直そう』の一言をもらえません。SNSでは、『彼女いない、欲しい』みたいなことを言っているし、私は彼女ができないときの保険として関係が維持されているだけなんだと思います」(20代・女性)


③「彼女と別れる」と言う

「デートしてから、相手に彼女がいることが発覚しました。『彼女と別れるから』というものの、全く進展なし。どうやら、彼女が泣いて別れてくれないとか、死ぬと脅すらしい。


結局進展がないまま、ずるずると付き合う形になっていました。彼にとって私は、浮気相手かキープでしかないんだと思います」(20代・女性)


「『彼女と別れるから』と言われ、付き合いました。でも、結局私は、痴話喧嘩に巻き込まれただけだったみたい。


彼女と仲直りしたら、連絡もつかなくなりました。私は彼女への当て付けに使われたか、彼女とうまく行かなかったとき用のキープだったのでしょうね」(20代・女性)


キープと気付いても認めたくないものです。しかし、そのまま付き合っていても幸せになる確率はとっても低そう。

疑わしいときは、きちんと交際宣言をしてもらったり、その場で彼女と別れてもらうように言ったりして、難しいなら早く次の恋を見つけるようにしたいですね。

・合わせて読みたい→デートはするのに告白してくれない…気になる男子への対策は?

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!