羽田発早朝便で行く! 香港・マカオ1泊2日ベストルート

LCC就航で気軽に行ける海外が増えました。週末に行けちゃう香港旅行のベストルートを香港在住経験者が紹介します。

香港
(danielvfung/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

東京から5時間ほどで行ける、アジアの活気あふれる香港。SNS映えスポットや買い物エリアもたくさんある香港には、羽田空港から深夜便や早朝便が出ているため、週末で弾丸ルートを組むことができます。

そこで、香港で働いていた経験を元に、土曜の早朝便で行く1泊2泊旅行のベストルートを考えてみました。


画像をもっと見る

■香港午前着、翌日午後発のベストルート

12:00 かわいすぎ! SNS映え飲茶ランチ

https://www.instagram.com/p/BukwH8SgB8b/

https://www.instagram.com/p/Bu_YudUA7HI/

香港市内に到着するのはちょうどお昼時なので、まずはランチから!

香港といえば飲茶ですが、SNS映えするかわいい飲茶がたくさんあります。コロンとした形がかわいい飲茶の『天外天』、キャラクター飲茶が食べられる『YUM CHA』は尖沙咀(チムサーチョイ)エリアにあります。

14:00 アートがおしゃれなハリウッドロードでカフェ休憩

上環地区にあるハリウッドロード(荷李活道)にはカラフルなグラフィックアートがたくさん! おしゃれなカフェもたくさんあるので休憩がてらにピッタリです。

14:00 オープントップバスで香港の街を回ろう

香港市内を走るオープントップバス。ツアーバスが主流ですが、オススメは公共バスが運営している乗り降り自由のオープントップバス。赤いカラーのツアーバスと違い、ブルーの車体が目印です。

17:00 歩くだけでも楽しい女人街

衣類、雑貨、アクセサリーなど様々な女性向け商品が並ぶ女人街市場。商品に値札はついていないので、交渉次第で安く買えることも!

また、人があふれる女人街では観光客を狙ったスリも。貴重品はくれぐれも注意してくださいね。

18:00 美肌、デトックス効果も! 夕食は薬膳火鍋♪

香港といえば火鍋ですが、最近は美肌やデトックス効果もある薬膳火鍋が人気だそう。

尖沙咀にある「新東記」は、スープの種類が17種類ある人気火鍋店。注文はオーダーシート式ですが、日本語メニューもあるので安心です。

20:00 香港の夜景を彩るシンフォニー・オブ・ライツ

毎日午後8時から13分間、ヴィクトリアハーバーで開催される光のショー。

無料で見ることができますが、尖沙咀にある「ガーデン・オブ・スターズ」から見るのがおすすめです。香港映画の聖地として人気だった「アベニュー・オブ・スターズ」が2018年に「ガーデン・オブ・スターズ」としてリニューアルされました。ぜひ行ってみてくださいね!

21:00 人気のナイトスポットでクラブ遊び!

香港の夜を楽しむなら、ランカイフォン(蘭桂坊)がおすすめ! 中心となる徳己立街にはクラブやオープンバーが並び、週末にはたくさんの観光客でにぎわいます。


関連記事:世界最長の海上橋で香港から30分に! 身近になったマカオの魅力

■2日目

7:00 朝食は体に優しいお粥

香港の朝食といえばお粥。約500円とお財布にも身体にも優しいお粥屋さんは、早朝でもたくさんの人が来ます。

9:00 港珠澳大橋で30分のマカオへ

2018年に開通した港珠澳大橋によって香港から30分程度で行けるようになったマカオ。香港市内からマカオへ行く場合は地下鉄Sunny Bay(欣澳駅)かTung Chung(東涌駅)から香港口岸へのシャトルバスに乗り、香港口岸からマカオ行きのバスに乗ります。

豪華なホテルやカジノのイメージが強いマカオですが、旧市街は旧宗主国ポルトガルの情緒が残るエキゾチックな街並み。セナド広場を中心に旧市街の街並みを散策してみてはいかがでしょうか。

また、マカオには多くのポルトガル料理レストランがあり、本格的なポルトガル料理をリーズナブルに楽しむことができます。

2015年にLCCが就航したことにより、ますます身近になった香港。春休みや週末の旅行にぜひ計画してみてはいかがでしょうか?

・合わせて読みたい→韓国・釜山は1泊2日旅行でもめちゃ楽しい! ベストルートを考えてみた

(文/fumumu編集部・カワノアユミ

→【2万冊以上が50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事