今日はちょっと…気分が乗らないエッチ「どう断る?」聞いてみた

気分が乗らなくてもすることはあるかもしれません。でも、それが当たり前になってしまうと辛いですよね。

ベッドで寝る女性
(/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏はエッチをしたがっているけれど、どうしても気分が乗らないとき…ありますよね。でも、「断ったら角が立ちそう」とか「嫌われるかもしれない」と、嫌々応じている人は多いのではないでしょうか。

そこでfumumu取材班は、気分が乗らないエッチの上手な断り方について、経験者の女子達に詳しく聞いてみました


①「恥ずかしい」とやんわりかわす

「エッチの気分が乗らない時は、『そんなことしないで。恥ずかしいよ…』と、やんわりかわします。断っている感じは出ないので、基本的には遠慮して、女性のペースに合わせてくれると思います。


上手くかわすコツは、冗談めかさないこと。下手にじらしてしまうと彼氏が余計に興奮してしまうことがあるので、様子を見ながら加減します」(20代・女性)


関連記事:みんなはどう? セックスレスになったきっかけ聞いてみた

②「いつもの方が好き」と甘えながら回避する

「3回目のエッチで、アブノーマルな行為を求めてきた彼氏。でも、そういう気分にはなれなかったので…『いつもの方が好き』と甘えながら回避しました。


彼氏なら、『彼女にも気持ちよくなってもらいたい』と、当然に思っているはずです。嫌と言わず、具体的な代替案をお願いすることで、彼氏もその気になってくれると思います」(20代・女性)


③「体調が悪くて…」と優しく断る

「『体調が悪くて…』と言われて、強引にエッチをしようと思う彼氏はいないでしょう。『それなら仕方ないね』と、諦めてくれると思います。


ただ、あまりに連発すると『もしかして、嫌がられてる?』と誤解を生むこともあります。『次のデートの時までには、元気になるから』など、具体的な予定を示してあげると彼氏も安心してくれると思います」(20代・女性)


「断り方次第では、彼氏をがっかりさせるどころかスパイスになり、次のエッチがもっと燃える」という意見もありました。
無理なくエッチを楽しめるように、参考にしたいですね。


・合わせて読みたい→そんなところで!? 彼氏と大興奮した「屋外スポット」5選

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!