まるで絵本の世界! イタリア・ブラーノ島の魅力

カラフルなお家がズラリと並ぶ島! 一度は行ってみたいブラーノ島の魅力とは

ブラーノ島

ベネチアから水上バスに乗って約1時間で着いた島は、フォトジェニックな街並み。名前はブラーノ島です。今話題の観光スポットになっています。

ブラーノ島に実際に行ったfumumu編集部記者が感じた魅力を紹介します。

 

■フォトスポットがたくさん

ブラーノ島は街中がカラフルな家でいっぱい! 写真をSNSに載せたくなります。

一番のフォトスポットは、河の上にある橋です。真ん中に立てば、たくさんの家も一緒に写す事ができます。Instagramではブラーノ島観光を楽しむ写真が投稿されていました。

 

■お土産が可愛すぎる

とにかく街並みが可愛い印象のブラーノ島。それだけではなく、お土産までもかわいいんです。ブラーノ島はベネチアングラスとレースが有名で、お土産屋さんにもたくさん並んでいます。

View this post on Instagram

. . ベネツィアングラス 色の違うガラス片を1つずつ手作業で並べて、それらを溶かし固めることで作られる作品たち。決して同じものは存在し得ない。 ハンドメイドってやっぱりいいね😊👍 . ベネツィアの数ある島々の中でもカラフルな島として有名なブラーノ島は売ってるものまでもカラフルでわくわくな島だったのだ:)♡ . #ベネツィアングラス #ハンドメイド #カラフル #わくわく #ブラーノ島 #ヴェネツィア #イタリア 只今 #世界一周中 #世界一周 #女一人旅 #一人旅 #バックパッカー #5カ国目 #たびすたぐらむ #backpacker #traveltheworld #roundtheworld #colorful #burano #venice #venezianglass #italy

A post shared by achaaan (@atsuuu555) on

View this post on Instagram

#Buranoisland#ブラーノ島#Venice

A post shared by 旅行と柴犬 (@shiba_n_travel) on

とってもキレイなガラスのアクセサリーはお土産にもぴったりです。ブラーノ島が描かれたポストカードも、思い出の1枚に良いですね。

 

■ごはんが美味すぎる

ブラーノ島は小さい街ですが、グルメスポットもしっかりあるんです。ベネチアは魚介が有名な街。ブラーノ島でも美味しい魚介料理が食べられます。

また、ベネチアはティラミスの発祥地でもあるんです。甘すぎず、クリーミーな本場のティラミスはやみつきになるはず。

 

■夜のライトアップに感動

日中は可愛い街並みが魅力なブラーノ島は夜もステキなんです。夕方に薄暗くなっていき、お昼とはまた違った雰囲気になります。外が真っ暗になるくらいには、家がライトアップされ、まさに絶景。

一度は見たい絶景! 日中と夜、どちらも滞在できると2倍楽しめます!

・合わせて読みたい→意外な使い道も!? ジャーボトルを使ったおすすめ整理・収納術3選

(文/fumumu編集部・加賀谷 レナ

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!