彼氏に「ちょっとしたおねだり」誰でもできる上手な方法

彼氏との愛情がさらに深まるかも。ちょっとしたおねだりをする方法について、女性たちに話してもらいました。

おねだりする女性
(deeepblue/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

彼氏とデートをしたり、一緒に買い物に出かけた途中で、見かけたモノがほしいな、食べたいなと、彼氏にちょっと甘えてみることってありますよね。

自分で買うよりも、買ってもらうことで特別感があり、愛情も深まりそう。

そこで、fumumu取材班は、実際にちょっとしたおねだりをするとき、やっていることを女性たちに聞いてみました。


①ちょっとしたお祝いで

「例えば、『試験でいい点取れたから』のような、本当にちょっとしたことを理由におねだりすると、200円くらいのものなら、結構『仕方ないなあ』と購入してくれます。


彼氏にも甘えていることが伝わるので、そこで嬉しそうにお礼を言うのがポイントだと思います。買ってもらった上に、彼とも仲良くなれるので、一石二鳥だと思いますよ」(20代・女子)


関連記事:言葉にしてくれなくてもわかる…「好き」を確信した彼氏の行動

②職場に欲しい

「デスクワークをしているので、脳の栄養補給のためにチョコレートを会社の引き出しの中へ入れています。日頃から自分も『仕事で必要なんだよね』と言って買っているので、彼と買い物に行ったら、ついでに買ってくれるようになります。


彼氏からのアクションがなくても、『チョコ買ってもいい?』とさりげなく聞くことで、一緒に買い物かごに入れてくれる可能性は高いです」(20代・女性)


③win-winを考える

「『あなたがこれを買うことで、こう言うメリットが得られますよ』とwin-winの条件を提示するのも成功の秘訣。例えば、マシュマロはコラーゲンが豊富と言われています。


コラーゲンは、バストアップに大切な要素と言われているため、『マシュマロって、バストアップにいいかもよ。買っていいよね?』とお願いしてみましょう。


バストの大きい女性が好きな男性なら、結構買ってくれると思います。低価格のものほど、成功しやすいですね」(20代・女性)


男性は、理由があることには甘い様子。おねだりするときは、それが必要な理由を説明してみては?

ただし、感謝の気持ちを忘れずにいることが大事ですね

・合わせて読みたい→変ではないけれど…彼氏のホンネは? デートで女子に着てほしくない服

(文/fumumu編集部・神崎なつめ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!