もっと今も見てよ! 過去の栄光を引きずる人のドン引き発言

過去の栄光にすがりついていて、昔話ばかりする人がいます。もっと今も大切にしてほしいと、思ってしまうことも…

フォトアルバム
(SetsukoN/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

楽しい思い出は心の中で、美しいままに残っています。それを糧にしながら前に進むのが大切なのですが、過去に引きずられたままでいる人もいるようで…。

 

■過去の栄光を引きずっている人はわずか

fumumu編集部では全国20〜60代の男女1,589名を対象に、過去の栄光を引きずっているか、調査を実施しました。

過去の栄光を引きずっているグラフ

「引きずっている」と答えた人は、全体で15.4%と少ない割合でした。

性別・年代別では、30代女性が高い割合になっているのが印象的です。

過去の栄光を引きずっている性別・年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、周囲にいる過去の栄光にすがりつく人について話を聞きました。

 

①昔はモテたと自慢する先輩

「会社にいる40代の先輩は、みんなで恋バナをしているときに必ず『こう見えても、私も昔はモテたんだからと言ってきます。それは別にいいのですが、そこから先輩の昔話が始まって…。

 

『3人同時に言い寄られた』や『14歳から28歳まで、彼氏を切らさなかった』など、どれも何度も聞いた話ばかり。先輩が、一番良かった頃なんだろうな…」(20代・女性)

 

次ページ ②学生時代の部活動を自慢

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!