タイのリゾート地「パタヤ」女子も楽しいスポットがいっぱい

女子も楽しめるスポットがたくさん!

若者の旅行先としても人気のタイ。バンコクやプーケットなど様々なエリアの中で、バンコクから車で2時間で行けるリゾート地「パタヤ」の人気が高まっています。

夜遊びスポットが多く、男性が行くイメージのあるパタヤは、キレイなビーチやSNS映えするスポットもたくさん! パタヤへのアクセス方法や、女性でも楽しめるパタヤのおすすめスポットを紹介します。

 

■パタヤへのアクセス

①バス

バンコク市内からパタヤへ行く場合、もっともポピュラーなのはBTS(バンコクスカイトレイン)のエカマイ駅から大型バスに乗る方法。「PATTAYA」と書かれたチケットカウンターでチケット(108バーツ)を購入し、1番停留所からバスに乗ります。

 

②タクシー

パタヤまでのタクシーの料金は交渉次第ですが、1,500~2,000バーツ(約5,000~7,000円)。個人的には流しのタクシーを使うよりもピックアップタクシーのほうが広くてキレイなのでオススメです!

 

③オススメ! 裏技アクセス法

高速に乗るまではとにかく渋滞するバンコク市内。裏技はエアポートリンク(空港鉄道)でスワンナプーム国際空港へ行き、そこからバスで行く方法!

バンコク市内マッカサン駅から空港まではエアポートリンクで15分。空港の1階に降りると、8番ゲート付近にパタヤ行きのバスのチケットカウンターがあります。

チケットは120バーツとバンコクから行くよりも少し高めですが、連休や週末はバンコク発のバスの混雑や渋滞を避けるために、この方法を使っています。また、空港から直接パタヤへ行く場合でも同様です。

 

■パタヤ市内の移動方法

パタヤにはビーチ沿いを通るビーチロード、それに平行して走るセカンドロード、サードロードがあります。メインの通りはビーチロードとセカンドロードで、この2つの道はそれぞれ一方通行になっています。南へ移動したいときはビーチロードのソンテウに、北へ移動したいときはセカンドロードのソンテウ(乗り合いバス)に乗るだけです!

ビーチロードとセカンドロードは徒歩で移動しても5分程度。手を横にあげてソンテウを止めて、降りるときは車内のブザーを押します。料金は乗り合いで一律10バーツ、降りるときにドライバーに直接渡します。ソンテウを使いこなせれば、パタヤをスムーズに移動できるようになりますよ。

また、夜中の移動や少し遠い場所に行くときはバイクタクシーが便利。料金は交渉次第ですが50~100バーツ。ライフジャケットを着たドライバーが目印です。

 

次ページ ■SNS映え! カフェ&レストラン

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!