マクドナルド新作『ホットアップルカスタードパイ』定番商品とどう違う?

マクドナルドの大人気商品『ホットアップルパイ』と6日に発売された期間限定の新作『ホットアップルカスタードパイ』を食べ比べてみました。

アップルパイ

今月6日に、マクドナルドから期間限定で『ホットアップルカスタードパイ』(120円・税込み)が新登場! 定番の『ホットアップルパイ』(100円・税込み)から新フレーバーが登場しました。

一部の店舗を除く全国のマクドナルドで販売され、4月上旬までの期間限定発売を予定しているため、食べ比べができるのは今だけ。fumumu取材班が両方購入して食べ比べてみました。

 

■見た目がちょっと違う

アップルパイ

『ホットアップルカスタードパイ』は、カスタードとシナモン風味のアップルフィリングが口いっぱいに広がる一品で、程よい甘み、シナモンとナツメグのスパイスのバランスにこだわり、酸味とパイ生地の絶妙なサックサク食感も楽しめように仕立てられたそうです。

同じようなパッケージかと思いきや、新作のは中央に切れ目のない箱。しかし、どちらの箱でも食べやすさには大きく違いはないように思います。

開けてみると、若干パイ生地の色に違いがある印象ですね。どちらもサクサクしていておいしそうです。

 

■とろっとろのアップルフィリング

アップルパイ

両方とも、中には熱々トロトロのアップルフィリングが入っています。生地のサクサク感と絶妙な組み合わせで、相性抜群。

『ホットアップルパイ』の中身は淡いゴールデンブラウン色で、味はあっさりしています。

一方、『ホットアップルカスタードパイ』はシナモンが入っているためか、比べるとかなり濃いカラメル色です。風味はこってりとしていて、カスタードクリームの甘みも重なって濃厚な味わいになっています。

スッキリとした甘みが好きな人には『ホットアップルパイ』、こってりとした甘みが好きな人には『アップルカスタードパイ』がホットオススメ。

 

重すぎず、ペロリと食べられるアップルパイシリーズ。お手頃な価格も魅力的ですね。小腹が空いた時、ちょっとだけ何か食べたい時にオススメしたい一品です!

・合わせて読みたい→不二家ホームパイが苺のミルフィーユ風アイスに! 食べてみた

(文/fumumu編集部・hayami

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!