不倫関係は割り切っているつもりなのに「ずっと一緒にいたい」と思った瞬間

どんなに相性が良くても、どんなに惹かれても…相手が既婚者だった場合、その人は運命の相手ではないのかもしれません。

不倫
(DAJ/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「今が幸せならそれでいい」とか「お互いに遊びだから大丈夫」など、不倫をしている人の中には、「割り切って付き合っている」と考えている人は多いでしょう。しかし、交際期間が長くなるにつれ、情が湧くことも。

そこで、fumumu取材班が、不倫経験者の女子達に詳しい話を聞きました。


①久しぶりに会えて

「彼氏は仕事柄出張が多く、数カ月間会えないこともざらにあります。そんな私を気遣ってくれているのか、デートの際はいつも、お土産やプレゼントを用意してくれている彼氏。でも、いつの頃か、物よりも彼氏の本気の愛が欲しくなってしまって…。


久しぶりに会えたとき、『このままずっと一緒にいられればそれだけでいいのに』と、胸の奥で思っています」(20代・女性)


関連記事:付き合えたのはいいけれど…不倫中に感じる「切ない瞬間」3選

②エッチが終わって

「妻子持ちの彼氏とは、月に数回、数時間しか一緒に過ごすことができません。そのため、デートはもっぱらホテルです。


エッチの終わりは、デートの終わり。着替えをする前、彼氏の洋服に自分の化粧や髪の毛がついていないかチェックするとき、『こんなこと、いつまで続けなきゃいけないのかな』とか『ずっと一緒にいれたらいいのに』と、考えずにはいられません」(20代・女性)


次ページ ③別れ際に

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!