2回目のデートまではあるのに…「3回目」に誘われない理由

3度目のデートにたどり着けない女子の原因を探ってみました。

デートに誘われない
(LewisTsePuiLung/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

気になる男子と初デートができ、2回目のデートも実現したら『またデートできる!』と、ちょっと期待してしまいますよね?

でも、彼を食事に誘っても「忙しくて…」「また今度ね」と遠回しに断られるようになった場合、必ず何か原因があります。

2回目があって、3回目がない理由はどんな点なのでしょうか? fumumu取材班が男性に聞いた話をまとめてみました。

 

■脈なしと勘違いされた

相手男子に脈なしと勘違いされ、3回目が実現しないことがあります。受け身でシャイな女子にありがちですね。

2回デートしても物理的距離、心理的距離が縮まらなければ、相手も『好かれてないのかな?』と、少しテンションが下がるでしょう。

男子からアプローチしてほしい女子も、相手男子も受け身の草食タイプなら難しいもの。3回目に繋げたいのであれば、少しは自分から積極的に距離を縮めた方がいいですね。

 

■「なんか違うんだよなぁ…」漠然とした気持ち

初デートはそこまで女子に対するジャッジの目が厳しくないです。2回目のデートも『もしかしたら好きになるかもしれないし』との期待でデートしたりします。

ただ、2回目のデートは初デートの時に比べ、ジャッジの目はやや厳しめ…。

とはいえ食事マナーはしっかりできているし、女としてオシャレもしてるとなると『何がダメだったの?』と思いますよね。

おそらく2回目のデートで『なんか違う』『どこか合わない』など、漠然と『なんか違う』思われた可能性大。どこか合わないなぁと思われたら3回目は難しいですね。

 

■おごってほしいだけ? と思われた

初デート、2回目のデートが完全彼のおごりだった場合に起こりやすい勘違いです。

2回目のデートと3回目のデートまでの間に、たいしたLINEのやり取りもせず、久々彼に「お久しぶりです。よかったらまた今度食事行きませんか?」なんて送っては、彼も『もしかして、ただおごってほしいだけなんじゃ…?』と財布扱いされていると勘違いしてしまうかもしれません…。

そこまでまだ仲良くないと、普段どんなLINEを送っていいか悩むでしょう。勘違いされたくないのであれば、日頃からちょこちょこLINEのやり取りはしたほうがいいですね。

 

3回目のデートを実現できていないなら、少し気をつけたほうがいいかもしれませんね。

・合わせて読みたい→

(文/fumumu編集部・美佳

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!