カラフルでかわいい! タイ・バンコクのSNS映えスイーツ3選

アジアの中でも日本人に人気の高い観光地・タイ。街中を歩いてみると、SNS映えするカラフルなスイーツがたくさんあります。

ATM
(画像はInstagramのスクリーンショット)

カラフルなイメージのタイ。街並みだけでなく、スイーツやドリンクまでカラフルなものが多いんです。

fumumu取材班は、定番から最新のものまで、バンコクでフォトジェニックなカラフルスイーツを見つけました。


①カラフルすぎるタピオカドリンク

日本でも流行中のタピオカですが、バンコクでも続々とお店がオープン中!

『ATM Tea Bar』のタピオカドリンクはカラフルだけれど無添加、無着色。原材料は紫芋や抹茶、玄米など天然素材のものばかりで、見た目だけでなく体にも優しいドリンクなんです。

【ATM Tea Bar】
432/9 Siam Square Soi 9, Pathum Wan バンコク


関連記事:タイ・バンコクに新しいSNS映えスポットが続々オープン

②鮮やかなブルーラテ

『Blue Whale Maharaj』の鮮やかなブルーのラテ。青の原料はバタフライピーというマメ科の蔦性植物で、タイでは古くから眼精疲労や美容効果のために飲まれてきました。

店内は青い壁紙や青いタイルでコーディネートされたモロッコ風のおしゃれな空間。旅行客だけでなくタイの女子にも人気のカフェです。

【Blue Whale Maharaj-Wat Pho.】
392/37 Maha Rat Rd Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon バンコク


③もち米のスイーツ

ブアローイと呼ばれる、タイのもち米をハーブや果物で色付けした白玉風の食べ物に、ココナッツミルクとアイスを入れたスイーツ。

『The Gingerbread House』は、バンコクの旧市街ディンソー通りから近い隠れ家的カフェ。メニューだけでなく内装やインテリアまでモダンな雰囲気です。

【The Gingerbread House】
18 4Thanon Phra Athit, Khwaeng Chana Songkhram, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon バンコク

カワイイだけでなく、体にも良いタイのスイーツ。バンコクへ遊びに行ったときは、ぜひ食べてみてくださいね!

・合わせて読みたい→韓国留学経験のある女子大生が旅行先に「釜山」をオススメする3つの理由

(文/fumumu編集部・カワノアユミ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!