タイ・バンコクに新しいSNS映えスポットが続々オープン

タイ・バンコクに昨年、続々と観光スポットがオープン。いずれもSNS映えバッチリです!

タイ
(BenzPk/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

温暖な気候や物価の安さで卒業旅行にも人気のタイ。カラフルな色合いの寺院や建築物はSNS映えすると女性にも人気です。今回は、首都バンコクで最新のSNS映えスポットをご紹介します。


■新・絶景スポット! マハナコン・スカイウォーク

2018年11月、タイで一番高い高層ビル『マハナコン』の最上階にオープンした『マハナコン・スカイウォーク』。高さ314メートル、地上77階建ての74階が展望台となっています。足元がガラス張りになっている展望台はスリル満点! また、最上階にあるルーフトップバーではバンコク一高い絶景を堪能できます。

・MAHANAKHON SKYWALK(マハナコン・スカイウォーク)
住所:114 Naradhiwat Rajanagarindra Rd, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Krung Thep Maha Nakhon,Bangkok
営業時間:10時~23時(年中無休)
入場料金:850バーツ


関連記事:下着丸見え…気づいて! 男子ドン引き「女子のNGファッション」3選

■異国気分を満喫! 屋内水上マーケット

View this post on Instagram

#sooksiam #iconsiam #ilovebangkok #ilovethailand

A post shared by chanpochu2012 (@chanpochu2012) on

2018年11月、バンコク・チャオプラヤー川西岸エリアにオープンした商業施設『Icon Siam(アイコンサイアム)』

高島屋などが入店する高級デパートですが、中でも注目を浴びているのが1階の屋内水上マーケット『Sook siam(スークサイアム)』なんです! タイといえば水上マーケットが有名ですが、そのほとんどが郊外にあるので時間がない人にはなかなか行きづらいところ。スークサイアムなら気軽に水上マーケットの雰囲気を味わうことができちゃいます。

・Sook siam(スークサイアム)
住所:299 Charoen Nakhon Rd, Khwaeng Khlong Ton Sai, Khet Khlong San, Krung Thep Maha Nakhon,Bangkok
営業時間:10時~22時(年中無休)


■ホテルの穴場ルーフトップバー

2018年4月、日本人街タニヤや歓楽街パッポンからアクセスの良い場所にオープンした、『バンコク マリオット ホテル ザ スリウォン』。こちらの屋上のルーフトップバー『yao(ヤオ)』は、ルーフトップなのに料金がリーズナブルと人気なんです。まだ、観光客も少ないオススメの穴場スポットですよ!

・Yao Rooftop Bar(ヤオ ルーフトップバー)
住所:33/F 262, Thanon Surawong, Si Phraya, Bang Rak, Bangkok
営業時間:17時~翌2時(年中無休)

次々と新しいスポットがオープンするバンコク。今年のGWは10連休! ぜひ、旅行してみてはいかがでしょうか。

・合わせて読みたい→羽田発早朝便で行く! 香港・マカオ1泊2日ベストルート

(文/fumumu編集部・カワノアユミ

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!