悪い部分はないんだけれど…自分の顔に特徴がなさすぎると思った3つの瞬間

特徴のある顔は、覚えてもらいやすいメリットがあります。一方で特徴があまりない顔は、気づかれにくく…

鏡の前の女性
(liza5450/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人はそれぞれに、違う顔をしています。しかし特徴的な顔の人がいる一方で、あまり印象に残らない顔もあるのが不思議なところです。


■4割近くが「自分の顔に特徴がない」

fumumu編集部では全国20〜60代の男女1,589名を対象に、自分の顔に特徴がないと思うか、調査を実施しました。

自分の顔に特徴がないグラフ

「特徴がないと思う」と答えた人は、全体で39.3%でした。

性別・年代別では、30代から40代の女性に多いのが印象的です。

自分の顔に特徴がない性別・年代別グラフ

fumumu取材班は女性達に、自分の顔に特徴がないと感じた瞬間について話を聞きました。


関連記事:じつは心の問題? 自分の顔が好きでないまま生涯を終える女性たち

①取引先の人が覚えてくれない

「取引先の人と数カ月に1回だけ、顔を合わせることがあります。こちらは担当の方の顔をしっかり覚えているのですが、向こうは『はじめまして』なんて言ってくることもあって…。


物覚えが悪い人なのかと思っていたら、ぽっちゃりとして特徴のある後輩のことはすぐ覚えていてショックでしたね。そんなに私の顔は、特徴がないのかな…」(20代・女性)


次ページ ②似顔絵が似ていない

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!