女子大生が困惑…寮生活で姿を消したキッチングッズ3選

春からの新生活、寮や学生会館、大きめのシェアハウスに引っ越す人もいるでしょう。そこで気をつけたいのが持ち物管理。とくに共有キッチンではモノがなくなりやすいので注意が必要です。

キッチングッズ
(MartinFredy/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

学生の中には、寮や学生会館などで共同生活をしている人も少なくありません。共同生活であるがゆえに発生してしまうのは、モノの紛失。とくに共有キッチンでは調理器具や調味料がなくなってしまうなどのトラブルが発生しがちです。

大学入学から2年間を寮で過ごしたfumumu編集部記者や、周りの寮生活者も、実際に次のようなキッチングッズがなくなってしまいました。


◾️昨日届いたばかりのスケール

お菓子作りを趣味として楽しむ女子は多いはず。そんな人にとって、計量に便利なスケールは、活躍の機会が多く重宝しますよね。

記者も先日購入し、届いたばかりのスケールを使用後にうっかりキッチンに忘れ物してしまい、翌日に気づいて取りに行ったもののすでに跡形もなく消え去っていました…。

共用キッチンに放置してしまったことは迂闊でしたが、買ったばかりの新品がなくなってしまうとショックも大きいです。価格も1,000円以上が相場なので、管理に注意すべきでしたね。


関連記事:こんな人でも集団生活できるんだ…女子大生がイラッとした寮の住人

◾️歴代の泡立て器が…

泡立て器はとっても便利なグッズですが、使用頻度はなかなか少ないものですね。

2年間で過去3回消えてしまい、買うのがもったいないので今はフォークを束ねて気合いで代用しています。


◾️何と包丁まで

包丁を盗まれるなんて危ない…でもキッチンでの使用頻度や便利さはともにダントツですよね。

貸すならともかく、無断で使われた上に帰ってこないとなると大変困ってしまいます。

記者だけでなく、寮生活経験者の中になくなった経験のある人も少なくありませんでした。管理には注意すべきアイテムですね。


同じ部屋のルームメイトであればお互いをよく知っているものですが、建物全体の住人が使用する共有キッチンともなれば事情は変わってきます。

キッチングッズをうっかり置き忘れてしまうケースや、間違えて持って行ってしまうケースにも気をつける必要がありそうです。

調理器具や食器を洗ったらすぐにしまったり、持ち帰り忘れをなくすなど、自分で管理を徹底したいですね。

・合わせて読みたい→スッキリ片付けたい! 100均おすすめ「オシャレ収納グッズ」5選

(文/fumumu編集部・イトイヤスコ

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!