バレンタインに男子が嬉しかったのは? 印象に残ったプレゼント3選

気になる相手にはちょっと他の人と差をつけ、自分を印象づけたいもの。そこで、男子が嬉しかったバレンタインについて聞きました。

バレンタイン
(mayuko ueki/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

もうすぐバレンタイン。最近では感謝の気持ちを伝える日の意味合いが強くなりつつありますが、女性から男性へ告白したり、プレゼントを送ったりするきっかけとしては、今もなお絶好のタイミングですよね。

そこでfumumu取材班は、嬉しかったバレンタインギフトについて、男性達に聞いてみました。

 

①お酒とつまみ

「甘いものが苦手で、正直チョコをもらっても自分ではそう食べない。入社して、もう何年もバレンタインにチョコを貰っているから、今更『甘いの苦手』とも言いづらく…。

 

クッキーとか食べられそうなものは自分で食べるけど、がっつり甘そうな生チョコとかケーキ系は仲のいい男友達や後輩にこそっと渡していた。

 

でも去年、久々に彼女ができて、彼女には交際当初から甘いの苦手って言ってたから、バレンタインは気を利かせてワインとチーズにしてくれた。甘いのが苦手でお酒好きだから、ありがたいギフトでした」(30代・男性)

 

②市販チョコ&手作りお菓子

「会社で、毎年バレンタインに女子社員からちょっとしたお菓子をもらうのが恒例。

 

まぁみんな200、300円くらいの市販のお菓子をいろんな男子社員に配っているんだけど、たまに市販チョコと別で手作りお菓子もくれる子がいるのね。

 

他の男子社員にも渡しているのならまだしも、おそらく貰っているのが自分だけっぽいとなると、なんかちょっと特別感があってその子のこと意識しちゃう」(20代・男性)

 

③ホテルスイーツビュッフェ

「合コンで出会った女子から『今月どこか空いている土日ってありますか? 甘いの好き?』とLINEをもらい、『今週と来週は空いてる、甘いのは好きだね』と送ると同時に、バレンタインチョコくれるんだろうなと予測がついた。

 

当日、ホテルのロビーでの待ち合わせにピンと来なかったけれど、『バレンタイン何しようか迷ったけど、一緒にスイーツ食べるのどうかなって』とニコニコしながらそのままホテルのスイーツビュッフェに連れて行かれた。

 

めっちゃ嬉しかったね。デートの口実でビュッフェはアリだわ」(30代・男性)

 

もうすぐバレンタイン。気になる相手にはちょっと他の人と差をつけ、自分を印象づけたいもの! 今からでも間に合うので何かちょっと工夫してみるのもいいのではないでしょうか。

・合わせて読みたい→バレンタインに職場で貰って困ったギフト5パターン

(文/fumumu編集部・美佳

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!